2018年02月17日

中央公園2月17日調査報告

だいぶ朝の冷え込みが緩んだ2月中旬。
公園の植え込みのマンサクが早くも黄色い花をつけていました。

大池の掃除はまだ終わっていません。
一段低くなった水路にわずかに水が残るだけです。

180217kouen.jpg
      (清掃中の大池)

今年はカワセミの雌がまだこの水路に来ていました。
水路に渡した足場の上や横のバケツにとまって魚を狙っていました。

180217_kawasemi.jpg
    (バケツにとまるカワセミ)

さらにアオサギ1羽とコサギ1羽。
北関東では著しく個体数が減ったコサギです。
市街地の塒から飛来したようです。
公園に降りてきたのはいつ以来でしょう?

180217_sagi.jpg
   (池に降りたコサギとアオサギ)

シメは相変わらず多く、カエデの木に群れていました。
ただ、前回よりは少ないようです。
人が通ると高木に移動したり飛び去ったり。
なかなか正確な個体数をカウントできません。

小学生のS君が31羽とカウント。
参加者の皆さんも納得。
日本庭園のシメはS君のカウントで決まり!

キジバトの長閑な鳴き声が3か所で聞こえてきました。
エナガもつがいらしい2羽で行動していました。
今日は、少し春の気配が漂う朝でした。

参加者6名 記録種数27種 記録個体数198羽。
次回は2月24日午前7時からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 10:46| みにクル報告(宇都宮)