2018年02月10日

中央公園2月10日調査報告

月日が経つのは早いものです。
今日はもう2月10日。
公園はまだ冬一色です。

でも鳥たちは早くも春の足音を感じているようです。
集合場所のユリノキの並木。
ハシボソガラスが4羽集まって鳴きあっていました。
南東側と北東側のつがいが縄張りを確認しているようです。

清掃のために干上がった大池。
残った水路でシメが水飲みに飛来していました。
と、どこからかヒガラのさえずりが…。
桜の枝でモズの雄がぐぜっていました。
今朝は3羽の雄が鳴きあっていました。
彼らももう繁殖の準備に入ったのかもしれません。

180210mozu.jpg
    (木の枝でぐぜるモズの雄)

さらに、セグロセキレイやハクセキレイも。
ハクセキレイは地上を歩きながら複雑な節回しで囀っていました。

一方冬鳥たちはまだ真冬のままのようです。
植え込みの地上でついばんでいるのはアオジ。
今朝は3羽で歩道に出てきていました。

180210_aoji.jpg
   (地上で餌を探すアオジの雄)

シメは相変わらず多いまま。
50羽前後が群れていました。
面白いことに、今朝はヒマラヤスギの地上で採食していました。
カエデの実はまだたくさんあります。
でもシメたちは落ちたヒマラヤスギの実を食べているようです。
アオジとは違い、人が近くづくと一斉に木の上に退避。

さらにシロハラも今冬最多を記録しました。
少なくとも8羽。
個体数が多いためでしょうか。
地上で争う2羽にヒヨドリが加わり争いがエスカレートすることに。

今日も見慣れた鳥たちとの出会い。
そんな彼らから季節の移ろいを感じることができました。

参加者4名 記録種数27種 記録個体数239羽
次回は2月17日午前7時からです。担当:BR平野







posted by ばーりさ at 11:19| みにクル報告(宇都宮)