2017年12月08日

近況報告2016≫日本の鳥の今を描こう 全国鳥類繁殖分布調査

バードリサーチの研究支援プロジェクト(2016)で、皆様からご支援いただいている研究の近況報告です。バードリサーチによる「日本の鳥の今を描こう 〜 全国鳥類繁殖分布調査へのご支援 お願いします 〜」の進捗をお知らせします。

 全国鳥類繁殖分布調査は、1970年代と1990年代に環境省により行なわれた調査です。この2回の調査で全国的な鳥の分布とその変化が明らかになり、日本の生物多様性の評価や、レッドリストの改訂に役立てられました。全調査地を調査するのに5年をかける大規模な調査で、全国の皆さんの協力によって成し遂げられてきました。2回目の調査から20年が経過し、3回目となる今回はバードリサーチから声をかけさせていただきましたが、多数のNGOと環境省の共同事業として実施しています。(調査研究プランはコチラ

以下、担当している植田より、2017年度の取り組み状況についてご報告します!
====================================
繁殖分布調査へのご支援ありがとうございます。

調査も2年目を迎え,情報が蓄積され,分布の拡大縮小している鳥が見えてくるなど結果も出つつあります。
成果等,ニュースレターで報告しています。ぜひご覧ください。
http://www.bird-atlas.jp/pub.html

また,マスコミでもいくつか取り上げられました。調査の成果など,ポジティブに紹介してほしいのですけど,調査者不足とかネガティブな方で取り上げられるのがちょっと残念ですが,広く一般にこういう調査していることが伝えられたのは良かったかなと思います。

・野鳥調査担い手不足(北海道新聞 2017年9月27日)
・民間主導で鳥の国勢調査を(マイあさラジオ 2017年7月1日)
・ヤブサメの消える日(北海道新聞 2017年6月22日)
・増える外来鳥 減る鳥も(東京新聞 2017年5月11日)
・鳥類調査担い手不足(毎日新聞 2017年5月6日)

繁殖分布調査もまだ完了できていないのですが,越冬期の鳥も調べようと,越冬期の分布調査も始めました。
過去に行なったコースでの現地調査が主体の繁殖分布調査とは異なり,越冬期は普段の観察情報を収集して,分布図をつくります。ちょうど今,冬鳥が揃ってきているころと思います。観察記録をぜひ,お寄せください。
http://www.bird-atlas.jp/winter.html


DSC01118.jpg
写真.講演会で結果報告しているところ
posted by ばーりさ at 16:27| 研究支援(近況報告)