2017年11月25日

中央公園11月25日調査報告

今日はもう11月最後の調査日。
公園の紅葉の見ごろも今日が最後でしょう。

ここ数日の北日本の荒天の影響?
ツグミの鳴き声が梢からさかんに聞こえてきます。
見上げると次々に上空高く飛び交う姿が見られました。

さらに今朝はイカルの鳴き声も。
声を頼りに探すとケヤキの樹冠で鳴いているようです。
ただ、飛び立つまで目視できませんでした。
一昨年の大きな群れの来園を期待したのは私だけ?

日本庭園の地上ではシロハラが採食中。
大きなカマキリを捕らえていました。
獲物をくわえ、しきりに左右に振っていました。
カマキリが大きいせいか、なかなか食べらないようです。

171125_shirohara.jpg
(カマキリを捕らえたシロハラの雄 Oさん撮影)

ところで、今季、シロハラをじっくり見られたのはこれが初めてです。
先週までは上空を通過する姿でした。
昨年と記録個体数を比較してみました。
今シーズンは昨年より少ないことがわかります。
ツグミ同様にこれから増加するのかもしれません。

171125シロハラ.gif
(11月から12月の10日ごとのシロハラの個体数の比較)

なお、今シーズンはシメもまだ少ないようです。
今日も鳴き声さえ聞こえません。
今年は郊外に食物が多いため街中にやってこないのでしょうか。

下図は最近の4シーズンの月ごとの記録種数の変動です。
秋から初冬季、種数の上ではほぼ例年どおりです。

171125種数.gif
(2014年-2017年のひと月ごとの種数の変動の比較)

12月以降どのように変動するのでしょうか。
アトリやマヒワなどの冬鳥はやってくるのでしょうか。
公園の樹木の種子はそれなりになっています。
またイカルなどが越冬すると嬉しいのですが…。

参加者8名 記録種数23種 記録個体数204羽
次回は12月2日7時からです。担当:BR平野



posted by ばーりさ at 10:39| みにクル報告(宇都宮)