2017年11月20日

伊豆諸島調査報告会を開催しました(佐藤)

野鳥の会東京と共催で、伊豆諸島の報告会を開催しました。
JR原宿駅から会場の区民会館までは斬新な建物や人で溢れていましたが、会場に着くと、どこか懐かしい会館で少し安心しました。

IMG_0593.JPG

報告会は50名近くの来場者に恵まれ、盛況でした。
IMG_0607.JPG

まずは御蔵島で繁殖するオオミズナギドリの現状を、岡さんに紹介してもらいました。
御蔵島ではノネコがオオミズナギドリを襲ってしまう等の影響で、繁殖個体数が減少しているとの事でした。

次に、伊豆諸島の調査に参加して頂いた方に、それぞれの得意分野を活かした発表をしてもらいました。発表タイトルは以下の通りです。
1.伊豆諸島の成り立ちと地質:佐々木潤
2.固有種の楽しみについて:板谷浩男(代行佐藤)
3.バードアイランド青ヶ島:上田恵介
4.八丈島のツバメと小笠原諸島 〜伊豆諸島ツバメの渡りネットワーク:重原美智子
5.八丈島の調査における学生ボランティアの活動記録 〜学生がボランティアに参加する意義とは〜:松永聡美
6.八丈小島で観察された、多数のカラスバトによる島間移動:安藤温子(代行佐藤)
7.険しいコースと充実した調査生活−御蔵島−:阿部仁美
8.三宅島調査と市民科学:高田陽
9.地元の協力が得られた神津島の調査:川内博
10.新島の鳥類群集を知る。種構成が似ている他の島は?:飯島大智

1人あたり5分〜10分という短い時間でしたが、それぞれ別の視点からみた伊豆諸島に関する内容で、私自身、非常に面白く、市民科学の可能性を感じる事ができました。

終わってからは懇親会を実施しました。こちらも20名参加して頂き、最後まで盛り上がりました。
調査が終わって半年が経ちましたが、こうして調査を共にした方と共に報告会をしたり、懇親会ができるのは嬉しい限りです。


posted by ばーりさ at 11:45| 活動報告