2017年11月18日

中央公園11月18日調査報告

今日も厚い雲が空を覆った生憎の朝。
今シーズンは土曜日に天気が崩れることが多く晴れたのは1回のみです。
お蔭で私たちも鳥たちもテンション低め??

公園の紅葉の真っ赤に色づいてきました。
しかし、今朝は紅葉の撮影をする人も少なめでした。

171118_tyousa.jpg
(真っ赤な紅葉の下で鳥を探す参加者の皆さん)

11月も早中旬。
今年は冬鳥の記録状況が昨年より悪いようです。
昨年のシメやシロハラ、ツグミたち。
11月に入ると毎回複数羽記録されました。
しかし、今シーズンは記録されるものの数は少なめです。

今朝はツグミ4羽が上空を飛び交う姿が観察されました。
しかし、11月に入って3回の調査で初めての記録です。
シロハラ、ジョウビタキは今朝は記録されません。

今シーズンは山に木の実があるためでしょうか。
ツグミは郊外の里地や農耕地にも少ないようです。

シジュウカラも昨年よりやや少ないようです。
エナガは個体数こそ昨年より少し多いものの記録回数は減少しました。
昨年、越冬したアオゲラも今年は記録されていません。

一方、カルガモは一時より増えてきました。
今朝は4つの池で合計98羽。
9月25日に次ぐ個体数です。

今夜から北日本では荒れ模様になるようです。
積雪の状態では冬鳥たちが南下してくるかもしれません。
寒いのは少し嫌ですが、ツグミたちが一気に増えるのか楽しみです。

参加者10名 記録種数20種 記録個体数204羽。
次回は11月25日午前7時からです。(BR:平野)









posted by ばーりさ at 12:02| みにクル報告(宇都宮)