2017年11月13日

モスクワに出張に行ってきました。(守屋)

IMG_8031-001.jpg
 日露の渡り鳥会議に出席する機会を得て、モスクワに行ってきました。
 ロシアと日本の間には、日ロ渡り鳥等保護条約が結ばれていて、渡り鳥及び絶滅のおそれのある鳥類やその生息環境の保護に関する事柄について、数年ごとに会合が持たれています。会議では、渡り鳥の保護状況や保護をお願いする通報種のリストの確認、共同調査の提案などがなされます。
 今回は、ツル類、ガンカモ類、シギ・チドリ類、シマアオジ、海ワシ、海鳥などが議題に上り、2日間、お互いの国の状況について情報交換しました。合意や確認した内容については、両国間で確認後に環境省から報道発表があると思います。

 私が担当したシギ・チドリについては、モニタリング結果の報告や日露の共同調査について提案させてもらい、ロシアのシギ・チドリ研究の重鎮であるモスクワ大学のトムコビッチ教授からご意見や情報をいただけました。ロシアはヨーロッパとの結びつきが深く極東部はやはり手薄なようで、地理的に近い日本が協力できることも多そうです。さまざまな共同研究が進められる基盤ができるといいですね。

 また、ロシア科学アカデミー進化・生態学研究所 モスクワ鳥類標識センターも見学させてもらいました。一部屋は印刷された標識記録の用紙が棚を埋めていましたが、データはオンラインで管理されているそうです。現在、データをまとめてガンカモ類のモノグラフを作成中ということで完成が楽しみです。

IMG_8133-001.jpg
案内していただいた副所長のハリトーノフ教授と奥様

 来る前は元社会主義国の暗いイメージがあったのですが、町並みはきれいで清潔だし、ごはんは美味しいし、空は広いし、だいぶ良い方へイメージが変わりました。今回はあまり時間はなかったので、次回は観光で行きたいです。

IMG_8223-001.jpg
赤の広場:11/7はロシア革命100周年だったそうです。

IMG_8192-001.JPG
モスクワの街中は、ズキンガラス、イエスズメ、ドバトが目につきました。カラ類の声もしていたのですが、よく見えず。
時期によるかもしれませんが、探鳥はちょっと郊外のほうが良いようです。







posted by ばーりさ at 14:50| 活動報告