2017年10月24日

クロジなどさえずりが遅かった長野カヤの平(植田)

ICレコーダの聞き取り調査,最後の調査地の聞き取りが終わりました。
長野のカヤの平です。クロジのさえずりの頻度のグラフを以下に示しましたが,ここ4年で一番遅くなってからさえずりが活発になってきていることがわかります。

kuroji.jpg

ここにICレコーダを設置した堀田さんによると,今年は例年になく雪の多い年だったということです。
去年と今年の同じ場所の写真を以下に示しましたが,去年は10日以上早い時の写真にもかかわらず,積雪が全く違うことがわかります。

yuki.jpg 
写真提供 堀田昌伸


クロジは地面で採食しているのをよく見かける鳥なので,積雪は彼らの繁殖時期に大きく影響しそうです。
でも積雪がまだかなりある時期からクロジはさえずりを始めています。
彼らはどうやって採食しているのでしょうか?なわばりを構えるために,さえずってはいるけれども,時々地面のある遠くまで飛んで行って,採食してきて,また戻ってきてさえずるのでしょうか? それともカラ類のように木の上の方で採食しているのでしょうか? どうしているのか知りたいですね。




posted by ばーりさ at 14:51| 活動報告