2017年08月05日

中央公園8月5日調査報告

8月最初の調査です。
例年より気温の低い曇り空。
相変わらずハシブトガラスの声ばかり。

最後のササゴイのヒナもだいぶ大きくなりました。
ちょうど親鳥が給餌に戻ってきたところに遭遇。
ヒナたちは我先にと競って親鳥の嘴の中へ。
皆さん、壮絶な給餌の様子に驚いた様子。
数分後、もう1羽の親鳥も給餌に戻ってきました。

しかし、今朝一番の盛り上がりの主役はアブラゼミです。
S君が羽化途中のアブラゼミを草むらに発見。
見てる間にみるみる体が出てきました。
でもよく見るとたくさんのアリが体に…。
体が出たところでついにたまらずセミは草むらへ落下。
やはり、日中の羽化は危険が多いようです。

170805_semi.jpg
(羽化中のアブラゼミ)

このところシジュウカラがいないと話していた直後。
シジュウカラとエナガの群れがクスの木に出現。
動きが激しくなかなか正確に数えられません。
手分けてしてカウント。
少なくともシジュウカラ8+、エナガ10+。
さらにセンダイムシクイ1羽が混ざっていました。

例年通り鳥の少ない季節。
でも今朝はキセキレイやセンダイムシクイも記録できました。
もう、繁殖地からの移動・分散が始まったようです。

参加者8名 記録種17種 記録個体数147羽
次回は8月12日午前6時からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 11:20| みにクル報告(宇都宮)