2017年07月08日

7月8日中央公園調査報告

梅雨の合間の夏空。
早朝の清々しい青空に気持ちも晴れやかです。

沈床池の芝生のカルガモのヒナたち。
脚もしっかりして、やんちゃ盛りです。
親鳥がついて歩くのが大変そうです。
しきりに芝生を駆け回って虫?を食べていました。

170708_karugamo.jpg
(孵化後26日目のカルガモのヒナ)

結局、現時点では2家族17羽のヒナが記録されました。
このうち、死んだ?ヒナはわずか3羽のみ。
素晴らしい繁殖成績です。

一方、大池ではカイツブリの行動が参加者の皆さんの注目の的。
池の築山の大岩の水辺にゴミを集めて巣のようなものができていました。
そこに成鳥1羽が座っていました。
でも卵はありません。

170708_kaitsuburi.jpg
(巣?の上に座るカイツブリ)

しかも、この行動はもう2週間近くになります。
はたして雌雄どちらが巣材を集めたのでしょうか。
今年もまた何も起こらないのでしょうか。
結末が気になります。

お蔭で、小鳥類は少なかったものの結構楽しめました。

参加者8名 記録種18種 記録個体数120羽
次回は7月15日午前6時からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 15:16| みにクル報告(宇都宮)