2017年05月20日

中央公園5月20日調査報告

今年ももう5月下旬。
公園の木々の緑も色濃くなりました。
植え込みのセイヨウシャクナゲのけばけばしい花が目を引きます。
一方、木の上では人知れずユリノキの花が満開でした。

170520_yurinoki.jpg
(チューリップのようなユリノキの花)

今朝はもう渡り途中のキビタキの声も聞かれません。
公園の鳥たちもややひっそりとしていました。
カルガモも少なくなり今朝は11羽のみ。
それでも下ばえの中では雌が抱卵中??
昨年は5月21日がヒナの初認でした。
来週にはヒナがみられるものと思われます。

今朝はムクドリの姿が目につきました。
親鳥たちは1羽、2羽で地上で虫を集めていました。
散策中の人間など眼中にないようです。
危うく踏みつけそうになることも。
間近でみるムクドリは意外に美しい姿です。

大池ではカワセミが久しぶりに戻ってきました。
ただ、まだ小魚が少ないようです。
水面に飛び込むものの獲物は捕れませんでした。

今日はやや物足りない記録状況でした。
しかし、カッコウの鳴き声に皆さんの顔が一瞬明るくなったような…。
この場所での初認です。
昨年、一昨年より数日早い記録です。
これからしばらくのどかな鳴き声に癒されることでしょう。

参加者6名 記録種数18種 記録個体数79羽
次回は5月27日午前6時30分からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 12:09| みにクル報告(宇都宮)