2017年04月29日

4月29日中央公園調査報告

昨夕の雷雨のためやや肌寒い朝。
季節の割に鳥たちの鳴き声も静かです。

今年もムクドリたちが公園に飛来するようになりました。
つがいごとに芝生で採食していました。
まだ巣立ちビナがいないため静かです。

先週と同じあたりにキビタキの雄が囀っていました。
囀り位置は相変わらずコナラの梢付近。
なかなか姿が見えません。
腰痛になりそうです。

ただ、今シーズンはセンダイムシクイの囀りが聞かれません。
例年なら1回ぐらいは聞かれるのですが…。
周囲の里地や里山も少ないように感じられます。
もう通過してしまったのでしょうか。

ササゴイも少な目です。
まだ、4つがいです。
心配になり昨年の同時期の記録を確認。
するとやはり同じくらいでした。
連休明けにかけて増えるようです。

170429shime.jpg
(ケヤキの若葉を食べるシメ)

繁殖期の鳥たちに混じってまだシメがいました。
嘴も鉛色にかわっていました。
1本のケヤキに7羽。
みると皆、ケヤキの若葉をムシャムシャ食べていました。
今の季節食べ物が少ないため??

この光景は恥ずかしながら初めての観察です。
そろそろシメとは10月までお別れです。

参加者4名 記録種数18種 記録個体数126羽
次回は5月6日午前6時30分からです。担当:BR平野








posted by ばーりさ at 12:16| みにクル報告(宇都宮)