2017年04月28日

だんだん初夏の雰囲気に さえずりモニタリング毎朝実施中(植田)

4月1日から北海道富良野,長野県志賀高原,埼玉県秩父,山梨県山中湖に設置されているライブ音を聞き取って,山の鳥のさえずりの季節変化をしています。この調査は2012年から6年間続けられているので,季節変化とともに年による違いもわかります。

下に示したのはヒガラの図ですが,今年の赤い線はほかの年より立ち上がりが遅く,今年はさえずりが遅めだったことがわかります。

さえずり頻度.png
各地のヒガラのさえずりの状況。赤の太線が2017年のさえずり状況

不活発だったさえずりもようやく活発になって来て例年と同じくらいに追いついてきています。そして,ここ数日は夏鳥たちの初認も相次いでいます。
反対に,早春に活発にさえずるキバシリ,ゴジュウカラといった鳥たちのさえずりは,だんだん不活発になってきてしまいました。

名称未設定-1.png
秩父のゴジュウカラとキバシリのさえずり状況。赤の太線が2017年のさえずり状況

聞き取り調査は毎朝実施中です。詳細はこちらをご覧ください。
http://db3.bird-research.jp/news/201703-no2/
posted by ばーりさ at 10:29| 活動報告