2017年04月12日

九十九里浜を見てきました(守屋)

先日、九十九里浜へ今期のシロチドリ調査の相談と下見を兼ねていって繁殖状況を確認してきました。

ビュルビュル鳴いてペアでいるのを見かけましたが、まだ数は少なかったです。
また、ところどころに15cm程の窪みの集まりがあります。周りにはシロチドリの足跡が多数ついています。
IMG_5911.JPG
交尾に誘うためにオスが作った窪みのようです。
産卵はもうしばらく先のようでした。

カラーマークした個体も見かけました。
IMG_1855.JPG
この黒橙マークの♀個体は、昨年は営巣した場所の近くにいました。
履歴を見ると昨年は、カラスに卵を持っていかれた個体でした。
冬期にもこの周辺で観察されています。あまり遠くへ行かなかったようです。
今年はうまくいくと良いのですが…。

今年もシロチドリの営巣状況を調べ、減少の要因に近づきたいと思います。
また、今年はいろいろと行う予定です。
シロチドリの繁殖状況調査や営巣地周辺の環境写真も募集しています。
ご協力いただければ幸いです。

さて調査地に、九十九里浜の様々な工事に伴って高台のテーブルのような盛り土が出来上がっていました。
これはコアジサシにとって好都合な環境であるので、利用し始めてから土を動かしたりすると繁殖に影響がでそうです。
このあたりは、県などに早めに報告するつもりです。
IMG_1813.JPG
posted by ばーりさ at 16:09| 活動報告