2017年03月29日

GPSで追跡中のオオハクチョウ,北海道十勝川に

 昨年秋に宮城県伊豆沼でオオハクチョウにGPS発信機を装着し,越冬地での移動追跡をしています。
 最近,風力発電施設の建設で水鳥への影響が問題とされることが多くなってきているので,その評価の基礎資料とするために,オオハクチョウの越冬期の行動を明らかにしようという目的です。そのハクチョウが現在,春の渡りを開始しました。



 伊豆沼から,一度,南下して,茨城県の大塚池で越冬していたのですが,岩手の花巻,青森の六ヶ所村,北海道鵡川などを経由して現在北海道の帯広の十勝川にいます。

帯広.GIF

 十勝川でねぐらをとりつつ,周囲の農地に日中は採食に行っているようです。ここでしばらく滞在したのちに,トウフツ湖などを経由してサハリンへと渡っていくと思います。GPSデータは携帯電話回線で受信しているので,サハリンに行ってしまうと,うまく町の近くに寄った時に受信できなければ,秋に日本に戻ってくるまではデータ受信ができなくなってしまうかもしれませんが,データ受信ができる限り上記ホームページで情報発信していきます。もしハクチョウの滞在地についてご存知でしたら,様子などお教えいただけるとありがたいです。


posted by ばーりさ at 10:16| 活動報告