2017年03月25日

中央公園3月25日調査報告

今日は3月最後の調査です。
東京では早くも桜が咲いたとか。
ここではまだ先のようです。
それでもコブシがちらほら咲きはじめました。

鳥たちの動きもどことなく鈍いようです。
元気なのはハシブトガラスばかりです。
しきりに枝を折っては巣へ運んでいました。

一方、ハシボソガラスはもう抱卵中です。
巣から黒い尾が覗いていました。

先週巣材集めが観察されたシジュウカラ。
今朝はひっそりと茂みの中で採食中です。
中には、群れで移動する姿も観察されたました。
まだ本格的な巣造りには少し早いのかもしれません。

今シーズン個体数が多かったシロハラ。
ここにきて記録される個体数が減っています。
もう渡りが始まっているのでしょうか。
それともエネルギーの節約中で藪から出てこないのでしょうか。

170325_shirohara.jpg
(低木の陰でひっそり佇むシロハラの雄)

ジョウビタキは雄3羽と雌1羽が記録されました。
このうち雄2羽は2mほどの近さで低木にとまっていました。
特に争うことはないようです。
移動途中に立ち寄ったのかもしれません。
頭部のシルバーグレイが一際美しい個体でした。

今日で14年目が完了です。
最初2人で始めた調査も次第に参加者増えてきました。
最近では多いときには8名を超えることも。

15年目はどんな鳥や人との出会いがあるのでしょうか。
繁殖期に入りまた忙しい日々の始まりです。

参加者5名 記録種21種 記録個体数202羽
次回は4月1日午前7時からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 12:11| みにクル報告(宇都宮)