2017年01月31日

季節を感じる鳥ウォーク〜冬鳥・実践編〜(奴賀)

1/28、皇居周辺でBiotop Guildさんとのコラボ企画の冬鳥観察会を行いました。
初めてバードウォッチングする方や入門者向けの観察会として、
名刺サイズの身近な野鳥のポケット図鑑(といっても80種掲載)、
野鳥カードIMGP0098.jpg


鳥類の基本生態やバードウォッチングの基礎知識等を掲載した小冊子を配布、
配布用冊子みほん.jpg

そして手ぶらで参加していただけるように、今回もVANGUARDさんから双眼鏡を貸していただきました!

ありがとうございました!


参加者は8名。まずは双眼鏡の使い方を練習しながらお堀のカモ類の観察です。
IMGP0102観察.jpg

そして、平川門から皇居東御苑へ入り、小鳥を探しました。
メジロのきれいな緑色を間近で見ることができたり、上空には猛禽類のノスリがカラスに追われていたり、
超逆光でしたが、チョウゲンボウも見ることが出来ました。
IMGP0107チョウゲンボウ.jpg
チョウゲンボウ。

東御苑を大手門から出たら、再びお堀でカモ類などの観察。
IMGP0099カモ類.jpg
ヒドリガモ、オカヨシガモ、ホシハジロなど。

IMGP0118ヨシガモ.jpg
ヨシガモ。


たくさんのカモ類の他に、アオサギ、カワウ、バン、コブハクチョウ、ツグミ、ユリカモメなども観察できました。

IMGP0134コブハクチョウ.jpg
コブハクチョウ。

IMGP0115ツグミ.jpg
ツグミ。

写真は全てコンパクトカメラで撮影です(一部、手動のデジスコ「手ジスコ」で撮影)。

冬はバードウォッチングを始めるのにとても良い時期です。
水辺ではカモ類を簡単に見ることができます。カモ類は大きく、動きも激しくないので、とても見やすい鳥です。
特にオスは金属光沢があり見ごたえもあります。
小鳥についても、木々の葉が落ちて見つけやすくなり、また、群れで過ごす小鳥も多くなります。
そして、都会の公園や緑地では人との距離が近く、羽色や行動も観察しやすいと思います。
ちょっと注意して観察してみると、思いのほか多くの種類の鳥に出会うことができます。
今回も以下のように40種近くの鳥を確認できました。

皇居周辺で見られた種(暫定)。(by バードリサーチ確認種リスト作成エクセル
皇居リスト修正.png


 
おまけ。
観察会終了後、有楽町方面へ歩いていたら、大型カモメ類が多数お堀で水あびしていたり、上空を旋回していました。
どうやら、帝国劇場や第一生命ビルの屋上が休息地となっているようです。
IMGP0128帝国劇場.jpg
帝国劇場屋上に集まる大型カモメ類。



posted by ばーりさ at 12:52| 活動報告