2016年12月27日

近況報告2015≫日本の鳥の今を描こう 全国鳥類繁殖分布調査

バードリサーチの研究支援プロジェクト(2015)で、皆様からご支援いただいている研究の近況報告です。まずはバードリサーチによる「日本の鳥の今を描こう 〜 全国鳥類繁殖分布調査へのご支援 お願いします 〜」の進捗をお知らせします。

 全国鳥類繁殖分布調査は、1970年代と1990年代に環境省により行なわれた調査です。この2回の調査で全国的な鳥の分布とその変化が明らかになり,日本の生物多様性の評価や,レッドリストの改訂に役立てられました。全調査地を調査するのに5年をかける大規模な調査で、全国の皆さんの協力によって成し遂げられてきました。2回目の調査から20年が経過し、3回目となる今回はバードリサーチから声をかけさせていただきましたが、多数のNGOと環境省の共同事業として実施しています。
(詳細はコチラ

 プロジェクトのを立ち上げた昨年度に引き続き、今年度からは現地調査が始まりました。皆さまからのご支援で、着実にプロジェクトを進め、初年度分のデータの集計も行っています。外来鳥の分布拡大や夏鳥の復活など、早くも傾向が見えてきています。以下、担当している植田より、2016年度の取り組み状況についてご報告します!
===============================================
全国鳥類繁殖分布調査 中間報告

今年からスタートした繁殖分布調査。皆様のご支援および調査への参加のおかげで,順調にスタートすることができました。

 今年から2020年までの5年間で,全国2300コースを調査し,日本の鳥の分布を明らかにしていきます。今年は調査講習会をしたり,ニュースレターを発行したりして,調査参加者を募り,調査をスタートさせました。

調査講習会の様子.jpg
調査講習会の様子

 これまでに集まった調査結果からは,過去に調査を行なった1970年代,1990年代に続き,アオサギやカワウなどの大型魚食性の鳥やガビチョウやソウシチョウといった外来鳥の分布拡大が続いていることがわかってきました。
 また,1990年代には減少が心配されていた夏鳥たちに復活の兆しがあることも見えてきました。

サンショウクイとアカショウビングラフ.jpg
 今後もデータを蓄積していくことで,こうした変化の地域的な差や,その他の鳥の状況についても明らかにしていきたいと思っています。
また,来年以降は,若手の参加を増やすために,学生へのレンタカー代の支援や東京など調査参加者の多いところでは,より詳細な分布状況を明らかにするための調査などもしていきたいと考えています。調査への参加,引き続きのご支援よろしくお願いいたします。

ステッカー.jpg
調査参加者へのお礼のシールも作りました
posted by ばーりさ at 12:42| 研究支援(近況報告)