2016年07月30日

中央公園7月30日調査報告

長かった梅雨も明け、真夏の陽射しがまぶしい朝。
そのせいか、ウォーキングの人たちがいつもより多く感じられます。

今朝も公園は、ハシブトガラスばかり。
順調?に個体数が増加中。
先週より多めの43羽です。

早いもので今朝は7月の最後の調査。
そこで、今年の5月から7月の記録状況を見直してみました。

下の図は、今年度のひと月ごとの記録種数の変動です。
7月の5回の調査で今年は22種を記録しました。
全体的な傾向は昨年とほぼ同じです。
昨年は8月には最低種数を記録しました。
はたして今年はどうなるのでしょうか。
syusu_160730.gif
       (一月ごとの記録種数の変動)

一方、今繁殖期は例年より頻繁に記録された種がいました。
そこでメジロとエナガの5月から7月の記録率の7年間の変化を比べました。
面白いことにメジロの記録率は1年ごとに変動していました。
偶然なのでしょうか?
今年はさらに記録率が0.69と過去最高でした。

mejiro_enaga_160730.gif
    (メジロとエナガの5月から7月の記録率の経年変化)

エナガの記録率も7年間で最高を記録しました。
昨年は4月上旬に失敗したものの、13年や14年も2つがいが繁殖に成功していました。
そのためエナガの今年の記録率の高さは、繁殖の成否に関係ないように思われます。
今年は、繁殖終了後も市街地の緑地を利用しているのでしょう。

エナガやメジロの今繁殖期の記録率の高さは、ほかの市街地の公園でも見られています。
これらの変化は、2種の市街地への繁殖分布の拡大を示しているのでしょうか。
まだまだ公園の鳥たちから目が離せそうにありません。

今朝の参加者4名 記録種数13種 記録個体数135羽
次回は8月6日午前6時からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 12:18| みにクル報告(宇都宮)