2016年07月23日

中央公園7月23日調査報告

ついに今年もハシブトガラスの季節が到来。
公園に着くとあちこちから騒々しいハシブトガラスの声。
今朝は36羽を記録。
昨年とほぼ同じ記録数でした。

そこで毎年カウントしているコースでセミ穴を数えることに。
結果、52個でした。
昨年より少し多めです。
今朝は気温が低いせいかセミの声は聞こえませんでした。
しかし、もうそれなりにアブラゼミも羽化しているようです。

ふとケヤキの根元近くをみるとニイニイゼミの抜け殻がたくさんついていました。
50cm位の高さまでの間に20数個も。
カラスたちが増えるのも納得です。
niiniizemi_160723.jpg
(ニイニイゼミの抜け殻)

さらに、植え込みの地上にはキノコがいっぱい。
Oさんがヒマラヤスギの地上に円を描くように分布するキノコを発見。
直径90cm位の塊がいくつも続いていました。
kinoko_160723.jpg
(円を描くように分布するキノコ)

今朝は鳥が少ないのでキノコウォッチで楽しみました。

参加者2名 記録種数16種 記録個体数141羽
次回は7月30日午前6時からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 12:15| みにクル報告(宇都宮)