2014年12月24日

近況報告2013≫ アリスイの首振り行動の謎にせまる

バードリサーチの研究支援プロジェクト(2013)で、皆様からご支援いただいている研究の近況報告が届きました。
立教大の橋間清香さんと総研大の加藤貴大さんによる「アリスイの首振り行動の謎にせまる」です。

アリスイはキツツキの仲間ですが、自分では巣穴を掘らないことなど、他種とは異なる生態を持っています。そして、首をひねるように振る奇妙な行動をすることが知られています。この行動は、捕食者などに対する威嚇ではないかと考えられていますが、科学的に調べられたことはありません。この研究は、巣の内外をビデオで記録し、捕食者や巣場所の競合種に対してアリスイやそのヒナがこの行動をするかどうか、またヒナが何日齢からこの行動をするようになるのかを調査するものです。
(詳細はコチラ

いただいた中間報告をご紹介します!
===============================================
アリスイの首ふり行動の謎にせまる
橋間清香(立教大学大学院)、加藤貴大(総合研究大学院大学)

目的
アリスイは捕獲するとクネクネと首をふる奇妙な行動をとる。その動きがヘビのように見えることから、敵と対峙したときに威嚇する行動だとの見方があるが、本当に敵に対する行動なのか検証した。

調査方法
巣箱の前に剥製を置き、給餌に来たアリスイがどのような行動をとるか観察した。剥製は、カラス、イタチ、ヘビの3種類を別々に提示した。全ての提示実験はアリスイの育雛期に行なった。
image002(1).jpg
図1.カラスの剥製を巣箱の前に提示した様子.

結果
どの動物を提示しても首ふり行動は見られなかった。しかし、キョッキョッという鳴き声とともに、激しく羽をふるわせ、飛び回った。この行動はイタチに対して一番激しく、一時は剥製に飛び掛かるような場面も見られた。反対にヘビに対しては反応が薄かった。
arisui.jpg
図2.イタチの剥製(右の丸)に近づき警戒するアリスイ(左の丸).
posted by ばーりさ at 17:35| 研究支援(近況報告)