2014年07月19日

中央公園7月19日調査報告

今日は梅雨空。
寒気が入っているため気温は低めです。

先週から出現したカルガモのヒナ。
3羽とも元気に泳いでいました。
親から離れると不安になるのでしょう。
ピィ、ピィと一際大きく鳴き交わしていました。

公園は小鳥たちが少なくなる季節。
今朝は、シジュウカラの家族群が記録されました。
2回目繁殖のヒナなのでしょうか。
雄親が5羽のヒナを連れていました。
親鳥とほとんど同じ大きさなのにまだ餌を強請っていました。

日本庭園の池にササゴイの幼鳥1羽。
私たちを気にしながら水辺で羽繕い。
その頭上にヤマユリの花。
鈍いササゴイの羽色と対照的です。
そこだけ明るく輝いていました。
ヤマユリ_140719.JPG
(池の縁に咲くヤマユリ)

以前は結構多く咲いていたヤマユリ。
ここ数年あまり記憶にありません。
どうも盗掘されて減ってしまったようです。

ササゴイは捕食された1巣を除きすべて孵化確認。
予想通りの孵化日です。
地上に水色の卵殻が落ちていました。
巣には親鳥の姿も。

まずは第1段階をクリア。
ただ安心はできません。
今朝もハシブトガラスが営巣林を飛び交っていました。

これから秋まで鳥の少ない季節。
しばらくの間、またササゴイのヒナが主役となりそうです。

参加者5名 記録種数15種 記録個体数126羽
次回は7月26日午前6時からです。担当:平野
posted by ばーりさ at 11:27| みにクル報告(宇都宮)