2022年05月10日

秩父演習林から繁殖期のモニ1000調査スタート

ゴールデンウィークをあけたら,雨の続く天気予報に。「今日だけは晴れる」という予報だったので,予定を前倒しして,秩父演習林に調査に行ってきました。


スタート地点は沢とは言えないようなものですが,湧き水がある場所なので,オオルリが鳴いていました。そしてセンダイムシクイも。

センダイムシクイは,以前はたまにしか聞かず,少し標高の低いところにいる鳥だったのですが,最近はほぼ毎回観察されるようになりました。メジロも同様で,だんだん標高分布を上げてきています。

調査終了後には,巣箱も確認してきました。ヤマガラが6つの巣箱で繁殖していたのですが,3卵あって,親鳥がいない巣箱が3つあって,「まだ抱卵前かな・・・でも見事に繁殖時期揃ってそうだね」と思っていたのですが,最後の巣箱は,なんとすでに2羽のヒナがふ化していました。今年は繁殖時期のばらつきが多いのかな? 温度ロガーを仕込んでありますので,次回の調査の様子や,調査終了後のロガーのデータでそのあたりのことわかってくると思います。

繁殖期最初のカツ丼がこれです。立派なわらじカツ丼で,味もちょっと甘めでしたが,なかなかでした。

yatai24.jpg
posted by ばーりさ at 14:34| 活動報告

「中野区北東部の野鳥記録」ご寄贈いただきました!(高木)

森の学級の吉邨さんから、観察会活動で記録された鳥の記録をまとめた冊子をご寄贈いただきました。
ありがとうございます。

中野区の野鳥記録.jpg

4つの活動エリアごとに出現した鳥や、月ごとの出現記録をまとめているほか、10年以上のデータをもとに種数や個体数の経年変化も示されています。出現した鳥が写真付きで紹介されていますが、渡りの時期には珍しい鳥も多数記録されていて、都内の公園でもいろんな鳥を観察することができることが伝わってきます。
改めて地道な記録がとても大事だと感じました。
posted by ばーりさ at 12:00| 活動報告