2021年10月12日

ネットワークカメラによる水場モニタ


 バードバス調査は自作したセンサーカメラを使用して、水場をモニタリングしていますが、現在、既製品のネットワークカメラも試しています。
 ネットワークカメラは、カメラ自体がIPアドレスを持っていてパソコンにつながなくても映像を見ることができます。防犯用やペットの見守り用などで、お値段はピンキリですが3,000円程度で販売されている機器もあります。
c100.jpg
 現在、使用しているのはTP-linkのc100(屋内用なので雨の日はしまっています。ちなみに屋外用のc310という製品もあります)というネットワークカメラで、Wi-fiにつなげるタイプでLANケーブルが必要なく、電源があれば使用できます。基本的にスマホがあればよく、専用アプリを入れて指示通りしていけば設定できます。
無題.jpg
 出先でも確認することができ、モーションセンサーで画像内で動きがあればビデオ録画を始め、その時にスマホに通知もしてくれます。カメラの調整も必要なく、ヤモリぐらいしか映りませんが、ナイトビジョンもあり夜も撮影ができます。

 やや面倒なのは撮影された鳥の画像の確認です。専用アプリから抜き出すことも可能ですが、カメラに入れてあるマイクロSDを抜き取ってパソコンに読み込んだ方が簡単です。ただ定期的に確認する必要があります。
 それと、動いているものを何でも検知するので風で枝が揺れるとずっと撮影しています。別種のセンサーと組み合わせればいいのかもしれません。

 他の機能としては、カメラにアカウントをつけると、同じネットワークの中にあるパソコンを使用してYoutubeのLive配信もできます(セキュリティ上、自庭の配信はお勧めしませんが)。

 マイクの音がいまいちとか、細かい設定はできないですが、けっこうな多機能で3,000円ほど、家の中からのバードウォッチングを簡単に試すには良いかもしれません。もし他にも(安くて)よい製品を知っていたら教えてください。

続きを読む
posted by ばーりさ at 17:59| 電子工作戦隊