2021年05月15日

栃木県立中央公園調査報告

早くも5月中旬。
騒々しく鳴き騒いでいるのは留鳥のエナガとシジュウカラ。
4月に巣立ちしたエナガの幼鳥はもう親鳥と同じ大きさです。
少なくとも12羽の幼鳥と成鳥4羽。
どうやら2家族の群れのようです。

さらにシジュウカラも巣立ちビナを連れていました。
こちらは巣立ちして日が浅いようです。
ヒナの尾の長さは3pほど。
口を大きく開けてしきりに親鳥にアピール。
今朝は公園の2か所でヒナ連れが見られました。

210515_shijyukara.jpg
   (枝で休むシジュウカラの巣立ちビナ)

植込みの地上でごそごそしているのはムクドリたち。
彼らも子育てに大忙しです。
地上を休みなく動き回っては虫やミミズを集めていました。
まだ巣内育雛中のようです。
公園に彼らの巣立ちビナが現れるのはもう少しあとです。

一方、夏鳥のササゴイはまだ巣造り中です。
ケヤキの高い枝に巣材を運んでいました。
脚の赤い雄が折り取った枝をくわえて雌のところへ。
雌が受け取って巣に差し込んでいました。

210515_sasagoi.jpg
    (巣造り中のササゴイのつがい)

一時は12つがいまで増加したササゴイ。
しかし、今年はやっと3つがいが営巣中です。
このあとまだ新たなつがいが飛来すると良いのですが…。

先週まで公園で囀りが聞かれていたキビタキやセンダイムシクイ。
今朝はまったく聞かれません。
しかし、まだ渡り途中の鳥たちもいるようです。
遠くでアオバトの独特の囀りが聞こえてきました。
渡り途中のアカハラ2羽はツリーと鳴き交わしながら飛び回っていました。

来週にはカッコウの鳴き声も聞かれるかもしれません。

記録種数:22種 記録個体数:108羽(幼鳥含む)
参加者:7名
次回は5月22日午前6時30分からです。
担当:BR平野


posted by ばーりさ at 15:00| みにクル報告(宇都宮)

2021年05月14日

奥多摩の未調査コースへ(東京都鳥類繁殖分布調査)

今日は天気が良かったので,東京都鳥類繁殖分布調査の奥多摩の未調査コースを調査してきました。
こんないいところです。

P5140973.JPG

家を3時前に出発。調査を終えて降りてくるころに,自分たちが一番乗りと信じて登ってくる登山者たちとすれ違い,皆驚いた顔をするのがいい気分です。

前回と比べると,オオルリとヤマガラが増えていました。モニ1000の結果でも,ヤマガラが標高の高いところへと分布をひろげていますが,同様のことでしょうか?

調査終了後に,もう1コース,調査ができていないコースを調査できるかの下見を兼ねてアンケート情報を集めてきました。荒れ果てた林道をバイクで走り,予定よりもだいぶ手前にある車両立ち入り禁止のところで,バイクを置いてさらに歩きましたが,最後は登山者も立ち入り禁止と隙間をワイヤーでふさいだゲートが。一昨年の台風で道が崩れたとHPでも見たので,ダメかな,と思ってはいたのですが,やはりだめなようです。このコースは今回はあきらめですね。残念。


posted by ばーりさ at 16:00| 活動報告

2021年05月11日

早くもコノハズクやヨタカが。秩父調査1回目

ゴールデンウィークも終わり。繁殖期の調査,開幕です。
毎年恒例で,秩父の調査からスタート。まずは,大山沢よりスタート。まだ暗い3時前に車中泊していた車を離れ,山歩き開始。
いきなりヨタカとコノハズクの声。例年だと2回目の調査で聞かれるのですが,今年は早いかも。
この調査地は沢沿いだけに,ミソサザイが多い調査地なのですが,ここ2年程ちょっと少なめだったのですが,今年は活発にさえずっていてホッとしました。


そして,翌日は,秩父演習林。大山沢の方もそうなのですが,シカとササの開花で,藪の鳥がめっきり減ってしまっていたのですが,その回復の兆しが見えました。大山沢ではコマドリが見られ,秩父では,久しく聞いていなかったウグイスが聞かれました。
そしてこの鳥。


両調査地で活発にさえずっていました。パッと見る限り,それほど下層植生に変化はないように見えるのですが,シカの減少やシカ柵などで良い影響が出ているのかもしれません。モニタリングを続けたいと思います。

2月以来,久々に食べました。沁みますね。

wakaba.jpg
続きを読む
posted by ばーりさ at 19:53| 活動報告

2021年05月01日

栃木県中央公園調査報告

今日から5月。
清々しい青空です。
公園はシジュウカラやキジバトなどの留鳥に加え夏鳥たちで賑わっていました。

210501_keshiki.jpg
    (若葉が茂った公園の木々)

今朝は待ちに待った夏鳥たちの鳴き声。
センダイムシクイ2羽、エゾムシクイ1羽、キビタキ1羽、オオルリ1羽。
姿を見られたのはオオルリのみ。それも樹冠の枝を動き回る影?でした。
それでも美しい囀りに参加者の皆さんも満足そうでした。

一方、留鳥たちは子育て中です。
ここ数年、ケヤキの同じ洞に営巣するシジュウカラ。
ヒナがふ化していました。
雌雄でせっせと虫運びです。

2月から巣造りしていたハシボソガラスは抱卵期に失敗したようです。
近くの新しいケヤキの巣で抱卵していました。
南側の住宅地で集めてきたのでしょうか。
たくさんのハンガーが使われていました。

210501_hashibosogarasu.jpg
    (抱卵中のハシボソガラス)

さらにキジバトも巣造りや争いに大忙しです。
地上で枯れ枝を拾っては営巣場所へ飛び立っていきました。
造巣場所は意外に高く、地上20mほどの樹冠の中でした。
今日は見慣れた鳥たちも新鮮に感じられました。

210501_kijibato.jpg
     (新緑の中で囀るキジバト)

一方、ここ10年ほど公園を営巣地としてきたササゴイたち。
今年は今のところひとつがいのみです。
そのせいか独特の鳴き声も聞こえません。
このあと新たなつがいが飛来するのでしょうか。
気になります。

記録種:24種 記録個体数:95羽 参加者:8名
次回は5月8日6時30分からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 15:55| みにクル報告(宇都宮)

東京都鳥類繫殖分布調査 最終年の調査スタート

5月になりました。東京都は緊急事態宣言が出ていますが,最終年の開幕日は調査しなきゃね,と5メッシュの調査をしてきました。

P5010961.jpg

多摩川のサイクリングロードから住宅地に入って,また多摩川に戻ってくるルートですが,早朝の休日は,人少ないですね。

5月6月が調査期間で,2回の調査をします。在宅勤務の方はもちろんのこと,通勤されている方も,通勤前にサクッと調査できると思います。都心はわかりませんが,多くの場所は安全に調査できると思いますので,ご自宅の周りにまだ調査されていないメッシュがある方は,ぜひ調査にご参加ください。

キャプチャ.JPG

赤いメッシュがまだ担当者の決まっていないメッシュです。詳細はこちらより


posted by ばーりさ at 14:01| 活動報告