2020年06月09日

大丹波川で調査をしてきました(山ア・佐藤)

6月7日、東京都鳥類繁殖分布調査の一環として、大丹波川で調査をしてきました。大丹波川は西東京の奥多摩町を流れており、河合駅の近くで多摩川と合流します。イワナやヤマメなどが生息しています。また、近くにはキャンプ場もあります。
大丹波川.jpg
前夜に東京では大雨が降りましたが、この日は止んでいていたので早朝から調査ができました。途中から日が差してきました。
大丹波川2.jpg
この日は2コース調査を行いました。川の流れる音で最初は鳥の鳴き声が聴きとりづらくて苦戦を強いられましたが、徐々に慣れてきました。2kmほど歩いて、ウグイス、オオルリ、キビタキ、ミソサザイ、ヤマガラ、キセキレイ、センダイムシクイ、カケス、トビ、アオサギ、カワウなど約20種以上の生息が確認されました。
大丹波川4.jpg
緊急事態宣言が解除されたといはいえまだ安心できる状況とは言い難いので、マスクを着用し、なるべく離れて調査をしました。しかしこれからの季節はマスクをしながら調査をすると熱中症のリスクが高くなるかと思います。今後はこういった事にも十分気を付けながら調査を行っていきたいと思います。
posted by ばーりさ at 18:29| 活動報告

志賀高原は活発に,秩父は不活発に


4月から毎朝実施している森の鳥の聴き取り調査。終盤戦に入ってきました。

これまでの主要種のさえずりの状況は,http://www.bird-research.jp/1_katsudo/forest/hikaku.pdfでみることができますが,場所別に確認種数とさえずり頻度の季節的な変化をまとめてみました

それがこれです。
名称未設定-1.png

北海道の富良野や,亜高山帯の志賀高原は,まだまだ確認種数もさえずり頻度も増えている傾向にありますが,埼玉の秩父や山梨の山中湖では,もう頭打ちで,秩父の確認種数は減少し始めています。これからさらに暑くなってくると,こうした地域の鳥たちの活性はさらに下がってしまうのでしょうね。

セミの声も聞かれだし,初夏から夏へと進んでいる感じがします。
続きを読む
posted by ばーりさ at 15:44| 活動報告