2020年05月24日

フィールドノートver2の新規調査地作成ができないバグについて

フィールドノートver2で、新規調査地を作成できないバグが発生しています。

「野鳥カード管理」画面で新規登録ボタンをおして、野鳥カードを開き、さらに新規登録ボタンを押して調査地を登録しようとしたときに、調査地登録ができません。季節前線ウォッチとベランダバードウォッチの入力画面でも同様の問題が生じます。
このバグは、5月18日(月)夜から起きていたようです。

野鳥カード.jpg

このバグを回避して操作をする方法があります。先に「定点調査地管理」画面で新規調査地を登録してから、野鳥カードのドロップダウンリストから当該調査地を選んでください。
定点管理.jpg

早急にバグの修正を行います。それまでのあいだご不便をおかけしますが、ご了承下さい。




posted by ばーりさ at 14:18| フィールドノート使い方

2020年05月19日

さえずり検索とフィールドノートをバージョンアップしました

昨日、バードリサーチのWebサーバーを入れ替えて、合わせてさえずりナビWebサイトにある「さえずり検索」と「フィールドノート」をバージョンアップしました。

地図の中心にいそうな野鳥の一覧を表示します。直接種名を打ち込んで図鑑ページを表示することもできます。

IMG_2218.PNG

「生息地予想」ボタンを押すと、このような一覧が出ます。
IMG_2219.PNG

種名をタップ(パソコンならクリック)すると図鑑を表示。

IMG_2220.PNG

下へスクロールすると、鳴き声を聞くことができます。
IMG_2221.PNG

野鳥データベース「フィールドノート」はバードリサーチの会員IDでログインするか、非会員の方は画面右上のメニューから利用登録をして使って下さい。https://db3.bird-research.jp/saezuri/record

画面下部に操作ボタンを増やして、調査地アイコンをタップしたときにもメニューが出るようにしました。
IMG_2222.PNG

個体数をカウントアップ・ダウンする+−ボタンを付けました。
IMG_2223.PNG

主な機能の使い方は、こちらの動画をご覧下さい。

posted by ばーりさ at 11:37| フィールドノート使い方

2020年05月18日

ホトトギスを初認 函南原生林でモニ1000調査

何となく目が覚めて,時計を見る。
まだ2時前だし,もうひと眠りできるな,と思って,再び眠りにつこうとしたとき,ホトトギスの声。今年のぼくの初認です。車の窓を少し開けて,ちょっと聞いて,また眠りにつきました。

朝3時半。起床して湯を沸かしていると,再びホトトギスの声。夢じゃなかった!

今日は函南原始林での調査です。宿はここ。

P5170700.JPG

家を出て,調査して,家に戻るまで,だれとも接触なしにすることができました。感染症対策ばっちりです。
本当なら,カツ丼食べてから帰るんですけどね。そんな日々が来ることを切に願います。


調査の方は,ほかの調査地がシカの影響で,藪がなくなり,ウグイスなど藪の鳥がいなくなっている中,ここでは藪が健在です。

P5180712.JPGP5180707.JPG

シカがいないのか,それともササの種が違って,強いのか,理由はわかりませんが。

ウグイスもたくさんいますが,多いのはこれ。

ソウシチョウです。でも,コルリも聞かれ,藪が健在で,藪の鳥が減っていないのは心強いです。

最後に巨木にお参りして,今年の調査の安全と,カツ丼を食べられる日が戻ることを祈って帰ってきました。

P5180713.JPG



posted by ばーりさ at 15:56| 活動報告

2020年05月16日

コノハズクの声響く夜 モニ1000秩父調査

「ブッキョン ブッキョン」コノハズクの声が聞こえます。
秩父山地の夜。人がいるところから2時間程度は山に入ったところ。もちろん,いるのは,ぼくただ一人
コロナ対策ももちろんですが,昨秋の台風で林道が崩落して,車でアクセスできなくなってしまったため,前日入りの山中泊となりました。

初日の宿泊地は東大の研究用コンテナ。
97357750_3000342553380041_6271358589596598272_o.jpg

そして2日目はテント。
96683213_3000343156713314_4371990679685955584_o.jpg

(ちょっと寒いけど)コノハズクの声を聴きながら贅沢に寝れるのは,役得ですね。

鳥の方は,夏鳥がまだ不活発な気がしました。先日もブログで聞き取り調査の報告を書きましたが,4月になって寒くなったのが影響しているのかもしれないですね。


鳥の声もちょっと録音。センダイムシクイです。


鳴き声図鑑の音源が初期のころに録音した音源で,音が悪いと指摘を受けていたので,これをアップしました。これなら十分でしょ?

来週は天気が悪そうなので,明日明後日で別の調査地に調査に行くつもりです。感染すこし落ち着いてきていますが,今回も欲望をぐっとこらえて,「わらじカツ丼」を食べずに帰ってきました。明日からも,家から調査地直行/車中泊/自炊で,だれにも会わず,感染も感染拡大もしないように注意していってきます。
posted by ばーりさ at 21:57| 活動報告

2020年05月09日

今年のさえずりは,前半型の種は早く,後半型の種は遅め

秩父,富士山中湖,志賀高原そして富良野。Cyberforestが配信しているライブ音を聞きながら鳥のさえずり時期をモニタリングする調査も今年で10年となりました。

この結果をまとめると,今年のさえずりは,前半型の種は早かったけれども,後半型の種は遅めだということが見えてきました。

さえずり頻度.png

たとえばゴジュウカラ,カワラヒワ,キバシリといった種は,調査を開始する4月上旬か,それより前にさえずりのピークがある前半型のさえずりの種です。こうした種について見ると,例年よりも早い時期にさえずりが不活発になっており,今年のさえずりは早かったことが推測されます。それに対して,漂鳥や夏鳥といったこれからさえずりのピークが来る種については,例年より遅めのようです。

今年は春先は暖かでしたが,4月になってから寒い日が続きました。このような気候がこうしたパターンをもたらしたのかもしれません。去年も同じような気候で,そして鳥たちのパターンも同じだったことも,この可能性を支持します。

引き続き,鳥たちのさえずりをモニタリングし,気候変動が鳥たちにどのような影響を与えるのか見ていきたいと思います。


posted by ばーりさ at 15:35| 活動報告