2020年01月11日

手賀沼のコブハクチョウを見に行きました(佐藤)

全国的に増加していると考えられるコブハクチョウ(参考)。越冬期の現状を見るために手賀沼に行ってきました。手賀沼のコブハクチョウは1973年に初めて記録され、1990年に繁殖も確認されました(斉藤1995)。その後、観察個体数は増加し続けています(小田谷 2019)。

 我孫子市鳥の博物館の近くから手賀沼を見ると早速、数羽のコブハクチョウを確認することができました。その後、用水路(写真)や土手(写真)でも観察することができました。
IMG_3600.jpgIMG_3615.jpg

また、下手賀沼ではコブハクチョウの群れを見ることができました(写真)。
IMG_3624.jpg

この群れの周辺では、ユリカモメやドバトの群れもいたので、給餌場所と考えられます(写真)。
IMG_3628.jpg

1日で手賀沼全体を見ることはできなかったのですが、今回の視察では思っていたよりもかなり広範囲で観察できました。

日本で観察されるコブハクチョウは観賞用などの目的で持ち込まれたものが増えてきたもので、今後も増え続けると、在来種や生態への影響が拡大される事が予想されます。まずは現状を知るためにもコブハクチョウの情報は今後も収集していきます。

posted by ばーりさ at 13:08| 活動報告

中央公園1月11日調査報告

厚い雲が空を覆う薄暗い朝。
鳥も人もテンション低め。
公園の鳥たちは例年になく少なめです。

それでも集合場所をオナガの1群が通過していきました。
約2か月ぶりの記録です。
春から初夏にかけては毎回記録されるオナガ。
しかし、秋から冬はほとんど記録されません。
群れで広範囲を移動するためかもしれません。

やっとここに来て冬鳥の姿が目に付くようになりました。
ユリノキのてっぺんではシメが鳴き交わし、飛び交う姿も。
今朝は少なくとも13羽が記録されました。

200111shime.jpg
    (イチイの低木で地上を伺うシメ)

今冬はカエデの実が豊作です。
どの木もびっしりと実がついています。
前回の当たり年の15年冬や17年冬もシメが多い冬でした。
これらの年でシメが増えたのは1月下旬になってからです。
とすると、今冬も今後大きな群れが記録されるかもしれません。

200111kaede.jpg
     (たくさんの実が付いたカエデ)

シロハラもあちらこちらで鳴き声が聞こえていました。
少なくとも5羽を記録しました。

一方で、イカルやアトリの姿はありません。
カワラヒワも少なめです。
アキニレで採食していたカワラヒワは12羽だけでした。

今のところ県内の山地の山には雪がほとんどありません。
そのため、山地の林や北日本から飛来していないのかもしれません。
今後の推移を楽しみにしたいと思います。
「いない」という結果も貴重な記録です。

参加者7名 記録種数22種 記録個体数150羽
次回は1月18日午前7時からです。担当:BR平野



posted by ばーりさ at 12:04| みにクル報告(宇都宮)

ヒヨドリやメジロは定着 秩父越冬期調査1回目

秩父演習林の1回目の調査に行ってきました。

昨秋の台風で林道が崩落。宿舎から徒歩で調査地まで行ってきました。一晩明けた今日は,左足の付け根が筋肉痛です。

P1100572.jpg

台風により根本が崩落している木も何本もありました。これでどうして倒れないのか不思議ですし,通常の状態でもそれほど深くまで根が張っているわけじゃないんですね。

P1100569.jpg

調査の方は,今年もヒヨドリとメジロが記録されました。これで3年連続で記録されており,これまで冬期(繁殖期も)はいなかったこれらやや南方系の鳥が標高分布をあげて定着したといって良さそうです。


今日はずいぶんと歩いたので,それに見合うカロリー補給。けっこう大きいわらじかつでした。
ちょっとご飯が柔らかだったところを除けば,かなり良い感じのわらじカツでした。

capuchina.jpg
posted by ばーりさ at 10:15| 活動報告