2019年12月14日

12月14日中央公園調査報告

スッキリと晴れた朝が少ない今冬。
今日も雲の多い朝です。
葉を落とした木々に一層寒さを感じます。

191214_huyugeshiki.jpg
    (葉を落としたユリノキの並木)

昨年の今頃はユリノキにアトリが群れていました。
しかし、今年は今のところ冬鳥は少なめです。
今朝はシメが少しユリノキやカエデで種子を探しているだけでした。
ツグミの姿もありません。
カワラヒワも少なく、10羽だけでした。

数日前に行った栃木県北部の山地林。
100羽ほどのシメやアトリの群れが林に群れていました。
とすると、まだ山から下りてきていないのかもしれません。

一方、今冬の宇都宮はヒガラやキクイタダキが多いようです。
この周辺の針葉樹の多い林では、群れをよく見かけます。

今朝も頭上からキクイタダキのか細い声が聞こえてきました。
皆でヒマラヤスギの樹冠を探すことに。
しばらくして枝先を動き回る姿を確認しました。
さらに、ヒガラ1羽も。

しかし、いつも思うのは、キクイタダキの観察は苦痛の割には得られる満足感が少ないことです。
今日も長時間、頭上を見上げていたために首と腰が痛くなりました。
せめて低い枝に降りてきてくれたらと思うのは我儘でしょうか。

191214_kannsatsu.jpg
  (キクイタダキを探す参加者の皆さん)

キクイタダキやヒガラが見られたものの、今日はやや物足りなさを感じた調査でした。
木の実が豊富にあるのにアトリたちが少ないという記録も重要です。
でも、やはり彼らを見たいと思うのも人の心です。

参加者8名 記録種22種 記録個体数156羽
次回は12月21日午前7時からです。担当:BR平野





posted by ばーりさ at 12:20| みにクル報告(宇都宮)

2019年12月13日

バードバスカメラが静岡に(守屋)

静岡にバードバスカメラが設置されました。
2019-12-13.png
当初私のミスで、Wi-Fiが捉まらなかったのですが、マイクロSDを交換していただいて無事設置できました。
ポンと置いたらすぐ設置とはいかず、まだ修行が足りませんで経験を蓄積できました。K様ありがとうございました。

高級感あふれるきれいな水場で、すでにシジュウカラ、メジロ、ジョウビタキが渡来しています。
201912111405SHIZUOKA1-BirdBath-ジョウビタキ_Moment.jpg
ジョウビタキ

201912111307SHIZUOKA1-BirdBath-メジロ_Moment.jpg
メジロ

ビデオファイルで記録していますが、現在、リアルタイムでは出していません。しばらくはストックしたものをトピックで出していけたらと思っています。

今後どんな鳥が渡来するか、長期稼働のメンテナンスをしていくか、またどういった見せ方をしていくか考えていきたいと思います。

posted by ばーりさ at 18:36| 電子工作戦隊

2019年12月12日

近況報告2018≫ 巣箱設置におけるカラ類等の長期的センサス

バードリサーチの研究支援プロジェクト(2018)で、皆様からご支援いただいている研究の近況報告が届きました。

名城大学農学部野生動物生態研究会による
「巣箱設置におけるカラ類等の長期的センサス」
です。

この調査研究プランでは、カラ類以外にもキビタキも利用できるちょっと特殊な形状の巣箱をつくって、森林性鳥類の産卵数や巣立ち率、繁殖時期の変化などを長期的にモニタリングしていこうと計画していました。(詳細はコチラ

いただいた近況報告をご紹介します!

====================================
中間報告

みなさんこんにちは。名城大学 野生動物生態研究会です。
この度はバードリサーチの研究支援対象に選ばれご支援していただきありがとうございます。無事に野外での調査は終了し、残りは分析をあと少し残すのみとなりました。この研究結果は、学部4年の岸が卒論としてまとめています。簡単ではありますが調査の様子など感想を交えながら近況を報告させていただきます。

巣箱たて.jpg トラップ.jpg
2月の上旬から調査地に60個の巣箱をかけました。調査の簡易化を考えて直接木に掛けるのではなく、ポールの上に設置しました。高さは平均的な男性の顔ぐらいの高さです。

キビタキ卵.jpg
キビタキ 営巣巣箱

シジュウカラ雛.jpg
シジュウカラ  営巣巣箱

ヤマガラ雛.jpg
ヤマガラ 営巣巣箱

初めての取り組みということもあり、小鳥たちが営巣してくれるかどうかさえも分からず最初は不安な日々が続きました。最初に営巣の形跡があったのは3月の16日。シジュウカラの巣作りがスタートしました。

営巣の確認は、巣箱をそっと覗き、親がいないことを確認してから上からスマホで写真を撮って確認します。
その後も、8月の初旬まで営巣が続々と続き、ジジュウカラ5つがい、ヤマガラ7つがい。キビタキ4つがい の計16つがいの営巣巣箱を調べることが出来ました。

ですが、やはり問題もあり、カメラによるモニタリングもしたかったのですがあまりうまくいっておりません。改善が必要です。様々な問題点が見つかった野外調査でとても良い学びになりました。

この特殊な形の巣箱でも十分に対象の小鳥たちを調べることが出来ると分かったので、今後も改善を続けながら継続していきたいと思います。

キビタキ雄.jpg
キビタキ 雄 

カメラモニタリング画像.jpg
カメラによるモニタリング 画像

posted by ばーりさ at 11:45| 研究支援(近況報告)

2019年12月09日

岡山と広島で全国鳥類繁殖分布報告会

週末,岡山と広島で報告会してきました。
あわせ50人以上の方にご参加いただき,調査参加者の皆さんと交流を図ることができました。
岡山の報告会井出は,多田さんに岡山のレッドデータブックの話をしていただきました。ちょうど岡山も広島もリストの改訂の時期を迎えているそうです。繁殖分布調査のデータはなかなか減少に気づかない普通種の変化を知ることができる貴重なデータなので,改訂のために情報提供していきたいと思います。

PC070515.jpg

岡山と言えば,デミカツ丼。食べてきました。でも岡山のB級グルメはそれだけじゃないよ,と,懇親会では,ホルモンうどん,なんとか焼きそば(薄い味噌味),ニラおこ(黄ニラのお好み焼き),牡蠣おこ,そしてB級グルメではないですが,岡山パクチーなど食べさせてもらいました。どれも糖質過多で太りそうですけど。

hachinosu.jpg

デミカツ丼は上にサツマイモののった変わったものでした。デミグラスソースもトマト風味がかなり強いやつでした。
posted by ばーりさ at 18:50| 活動報告

2019年12月05日

東京都鳥類繁殖分布調査の成果の一部を発表しました(佐藤)

IMG_3449.JPG

12月1日に野鳥の会東京・都市鳥研究会と共催で講演会を実施し、バードリサーチ佐藤は東京都鳥類繁殖分布調査のこれまでの成果を報告しました。50名以上の方にお越しいただき、東京都鳥類繁殖分布調査で得られた結果について、議論を交わしてきました。
その中でムクドリについての議論がなされました。ムクドリは1990年代の調査と比較すると、東京都内に限って言うと分布が縮小しているようにみえますが、会場の多くの方は個体数が増えていると感じているようでした。
他にも様々な種のこれまでの成果を見ながら、議論でき、今後のデータ解析のヒントをたくさん、得ました。
来て頂いた、皆様、ありがとうございました(これまでの成果はこちら)。
また、今回はイソヒヨドリが東京で広がっている事に関する調査結果や、オオタカの都市進出に関する研究も発表され、東京の鳥の移り変わりを知る上で有意義なセミナーとなったと思います。詳細は以下の通りです。

――――――演 題

(1)こんなに変わった 東京 の 鳥 たち・・・東京都鳥類繁殖分布調査から
                          佐藤望(バードリサーチ)
(2)イソヒヨドリが東京の街にやって来た  鈴木遼太郎 氏(都市鳥研究会)
(3)オオタカ の 東京 都心部への進出状況  水村春香 氏(日本野鳥の会東京)
日 時: 2019 年 12 月 1 日(日) 10 時 30 分開場 11 時〜 13 時
会 場:東京・杉並・細田工務店 2 階会議室         


また、今回は野鳥の会東京さんから、ご厚意で「東京の野帳たち・2」を寄贈頂きました。
長年の探鳥会で蓄積されたデータをまとめたもので、東京の鳥の移り変わりがよく分かる本です。

1部1000円で購入できるそうなので、興味のある方は野鳥の会東京さんにお問合せください。

IMG_3457.JPG

posted by ばーりさ at 20:37| 活動報告