2019年11月22日

ベトナム後半(守屋・佐藤)

ベトナム後半の11~14日まではカンザーで活動しました。
カンザーはマングローブの森を巡る観光地にもなっており、ホーチミン市内からエコツアーも催行されています。リゾートっぽいホテルもありましたし、我々は高くないホテルでしたが、格段にホテルの設備は良かったです(お湯が出る)。また、バードリサーチ研究支援プロジェクトで支援した越山さんのフィールドです(成果の絵本はこちらでも紹介)。まさか実際に行くことになるとは思いませんでしたが、聞いていたような植林とは一見思えないような森でした。

01-IMG_5979.JPG
カーフェリーで川を渡ります。

さて、我々の目的は水鳥の状況をASEANに報告することなので、水鳥の数を数えてまわります。

ヴァムサットという塩田跡といった環境では、コチドリ、コアオアシシギやタカブシギなどが観察され、日本の水田にいるようなシギが多かったです。奥には、ツアーセンターのような建物がありレストランがありました。そしてバクリュウよりも高い塔が...、しかも変な構造。ここでもマングローブの樹冠を見ながら夕方までサギやウのねぐら入りを数えました。ハイイロオウチュウなども観察できました。
1-IMG_3151.JPG

次の日の管理事務所で会合後、インドトキコウのねぐらがあるということで案内してもらいました。クリークを小型ボートで爆走し、マングローブの湿地帯をくぐりたどり着いた湿地には、目的の鳥はおらず、残念だったねみたいな雰囲気。このまま(あの道をまた)帰るのかと思って、ふと右を見やるとインドトキコウが群れで飛んでいて声を出してしまいました。

07-IMG_6123.JPG
09-IMG_3534.JPG
絶滅危惧種ではないが減少傾向にあるインドトキコウ

さて、ちょうど干潟は大潮で大きく出ていました。広大な干潟は砂地で干出すると固く、地元の人が沖までバイクで潮干狩りに行っていました。そしてイヌが駆け回る...。
3-PB130340.jpg
シギ類が最も多いところで2500-3000羽ぐらいいました。そして8割ぐらいがオバシギです。他はダイゼン、シロチドリ、メダイチドリ、オオメダイチドリ、チュウシャクシギ、ダイシャクシギ、オオソリハシシギ、オグロシギ、キョウジョシギ、コオバシギ、トウネン、ハマシギ、ソリハシシギ、イソシギ、アオアシシギ、アカアシシギ、カラフトアオアシシギ、コサギ、ダイサギ、カラシラサギ、クロハラアジサシ、オニアジサシなど、渡りの時期はもっと種類も数も増えそうです。
14-IMG_3740.JPG
オバシギが群れ飛ぶさまは壮観でした。

ただ、干潟には縦網も張られていました。魚狙いと網を直していた人は答えたそうですが、網は一晩中張られており、水鳥のバイキャッチ(混獲)もあり得そうでした。
2-PB140459.jpg
干潟に設置された150cm×400mの縦網

中継地や越冬地として重要な場所と考えられ、さらに調査して周年のデータを整備すればラムサール条約に登録するのは難しくないと思われました。モニタリングを担える体制が聞いた限りではなさそうでしたので、今後とも何か関わっていければと思いました。

カンザーは海に近いので海鮮が豊富でした。牡蠣も食べていいのかどうかわからないけど食べました。食事に関しては、私(守屋)は問題ありませんでした。すべて美味しかった。
11-IMG_6170.JPG
カブトガニは食べませんでした。

1-74336164_751476098652822_4917926502416252928_n.jpg
佐藤、大変お世話になったDr. Hung、守屋、シンバさん(Photo by Simba)

posted by ばーりさ at 19:50| 活動報告

近況報告2018≫ バードバスとセンサーカメラを用いたモニタリング

バードリサーチの研究支援プロジェクト(2018)で、ご支援いただいている「だれでも参加可能なバードバスとセンサーカメラを用いたモニタリング」の中間報告です。

この調査研究プランは、簡単な身近な鳥の調査方法の仕組み作りが目的で、具体的には,庭(バードバス)に訪れる鳥を自動で撮影し自動で結果を送信する仕組みづくりを目指します。

(詳細はコチラ

近況です。

====================================

バードリサーチホームページ内にサイトを開設しています。

2019-11-22.png

今年の5月にバードバスを設置してる方々に、家の周りに来る鳥とバードバスに来る鳥についてアンケート調査を行いました。34名の方にデータを送っていただき、7月末に集計を行ったところ、家の周りでは83種、バードバスでは40種が目撃されていました。家の周りで最も観察された種とバードバスで観察される種に違いがあり、水場を利用しやすい種とそうでない種があるようです。特に、キジバトとドバトは同じハト科でありながら対照的な興味深い結果となっています。(結果はコチラ

現在、東京都清瀬市で稼働しているカメラのほかに、岡山県倉敷市のバードバスでカメラを稼働させています。このカメラは、ビデオだけを撮影するもので、Twitterへの自動投稿を行わず、環境センサーも取り付けていないシンプルな普及型です。8月中旬に設置しましたが、当初二か月近く野鳥の訪問がなく、場所が悪いのか心配しましたが、冬鳥が動き出す10月頃になって、野鳥が渡来するようになりました。現在、シジュウカラ、スズメ、ジョウビタキ、ホオジロ、メジロ、ヒヨドリ、ウグイスが観察されています。ただし、頻度は高くありません。やはり設置する環境は選ばないとダメなようです。

201910230833Kurashiki-BirdBath-jyoubi_Moment.jpgジョウビタキ
201911070809Kurashiki-BirdBath-meji_Moment.jpgメジロ

大雨などの荒天もありましたがカメラ自体はほぼ安定して稼働できるようになりました。

設置募集を行い(応募ありがとうございます)、今後、徐々に設置地域を広げていこうと考えています。

続きを読む
posted by ばーりさ at 16:43| 研究支援(近況報告)