2019年11月12日

ベトナム前半(守屋・佐藤)

11月5日からベトナムに来ています。
ベトナム南部の重要な湿地を地元の専門家とともに見てまわり、モニタリング調査に関する報告を行います。
ハノイ経由でホーチミン(旧サイゴン)の南170kmの都市カントーに到着し、翌日そこから250km離れたベトナムの南端カマウ国立公園を訪れました。クリークが無数にあってマングルーブ湿地に町があるといったところです。水面と家が近いので増水したらすぐに浸水そうなんですが、滞在中の豪雨でも特に危ないところはなかったです。そして驚くほど蚊がいません。時期的なものなんでしょうか。ホテル(カラオケ屋?)の設備は下水もちゃんとなさそうなので、まあそれなりです。
31709C05-6872-4AA7-99C2-DC2AD8B2C858.jpeg
ほぼ南端の町DAT MUI
36238312-C3AB-4BD2-8E00-5F7CA1183A95.jpeg
平坦な土地で、携帯アンテナの塔が最も高い

広大なマングローブの中で、アジアコビトウやアジアヘビウのコロニーを観察したり、河口から外に出て海上のプラットフォームからマングローブの観察をしました。ダイサギ、コサギ、アカガシラサギ(ジャワアカガシラサギもいるのですが識別が難しい)が多く、カラシラサギもいました。ただ、潮位がたかく干潟がそれほどでなかったので、マングローブ内かプランテーションの池に分散しているのか、数は多くはありません。ほかはナンヨウショウビンやヤマショウビンをクリーク内をボートで移動しているときによく見ました。
2F4FD4AF-045D-485A-944B-468478DA6F7B.png
アジアコビトウ
3B3F6B8B-41F1-40A2-B5D1-CDA81588048B.png
アジアヘビウ
69253A41-B6B7-4F7D-9757-5CA62B01496F.png
ナンヨウショウビン
IMG_5811.JPG
海上のプラットフォーム

公園事務所によると鳥類の専門家はおらず、調査も20年ほど公式にはなされていないようです。しかし、NGOもなく、調査を行う人材がいるかというと難しいようでした。また密猟も深刻で、規制する法律はあるそうですが、広範囲をフォローする取り締まりの機関が機能してないとのことでした。
IMG_5660.JPG
移動中見かけたカゴに入った野鳥(アジアコビトウやシロハラクイナなど)

次のバクリュウバードサンクチュアリは、カントーの100km南にある農業関係のセクションが管理するサンクチュアリです。ここでは、ウやサギの塒入り調査をしました。壊れそうなはしごを登ってタワーに立つと、周りは田園が広がり海の方には風力発電所が建っていました。15時ころから18時まで観察し、なかなか壮観な塒入りが観察できました。また、樹冠にはハリオハチクイやムネアカアオバト、セアカハナドリなども観察できたので、個人的になかなか忙しかったです。
75491733_2856533977711753_4810024511485247488_n.jpg
信用のおけないはしごのついた塔
IMG_5891.JPG
日が暮れるまで数えていました
IMG_3431.JPG
ムネアカアオバト

さて、後半はホーチミン市の南カンザーに移動してきました。
やっとシギが見れますかどうか。

IMG_5916.JPG
ベトナムの食べ物は全般美味しく、野菜多めでヘルシーです。
続きを読む
posted by ばーりさ at 15:28| 活動報告