2019年11月02日

11月2日中央公園調査報告

清々しく晴れた公園。
木々の葉も黄色く色づいてきました。
周囲からシジュウカラやヒヨドリの鳴き声に交じってシメの鳴き声も聞こえてきます。

191102kouen.jpg
    (黄色味を帯びたユリノキの並木)

今朝は、待ちに待った冬鳥や山地の林で繁殖する鳥たちで賑やかでした。
ケヤキの梢で鳴き交わすシジュウカラ。
時折、か細い鳴き声が聞こえてきます。
キクイタダキです。
さらに、ヒガラ、ヤマガラの鳴き声も。

リズミカルな鳴き声がケヤキの樹冠から聞こえてきました。
ウソです。
声を頼りに探すと雌でした。
移動途中に立ち寄ったのでしょう。
ここでは2013年12月以来の記録です。

留鳥たちも元気に飛び回っていました。
池の周りの芝生ではハクセキレイやセグロセキレイが忙しげに動き回っていました。
近くに雌の姿もありました。

191102hakusekirei.jpg
  (池の柵にとまるハクセキレイの若い雄)

ただ、相変わらずカルガモは少ないままです。
それでも今朝は17羽を記録しました。
さらに、珍しくコガモ2羽が下りてきました。
しかし、すぐ飛び去ったらしく、帰りにはもういませんでした。

昨年はシロハラなども記録されましたが、今朝はまだでした。
次回にはツグミやシロハラも記録されるかもしれません。

参加者7名 記録種数25種 記録個体数123羽
次回は11月9日午前7時からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 12:19| みにクル報告(宇都宮)