2019年06月05日

【みにクル】高山帯鳥類調査 in 富士山植林地 調査後、梨ヶ原高原へ(山ア)

 富士山での植林地の調査とデータ集計が終わった後、調査にご協力頂いた皆さんと一緒に梨ヶ原高原で草原の鳥を観察してきました。植林地の調査の報告については、こちらをご覧ください。

http://blog.bird-research.jp/article/186093365.html


20190602梨ヶ原.JPG 

毎年みられるわけではないと聞いていましたが、到着してすぐにオオジシギのディスプレイフライトをじっくり楽しむことができました。さえずりながら飛ぶヒバリのほか、ホオアカやコムクドリなども観察することができました。

 ホオアカ.jpeg

 また、モズがカッコウを追い払おうとしているところも観察しました。モズの巣が近くにあったのかもしれません。モズに限らず鳥は自分よりもずっと大きい相手に対しても立ち向かっていきます。私は武道をやっていたことがあるのですが、相手が自分より大きいと、投げるのはとても大変でした。それを思うと「鳥ってすごいな」と感じます。


しばらく観察した後、車で移動し観察場所を変えたところ、今度はノビタキに出会いました。

ノビタキ.jpeg

観察場所を変える前、参加された皆さんと「ノビタキに会えないと帰れない!」なんて話をしていましたので、観察できてよかったです。


出現した鳥や調査場所の植生などを記録して比較することで、観察だけでは気づかなかったことが分かることが調査の面白さの1つだと思います。時間をかけてじっくり鳥を見て楽しめるバードウォッチングには、バードウォッチングの良さがあると思います。調査とバードウォッチングの両方を1日の内に体験し、双方の良さやその違いを感じることができました。


ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました!

また一緒に調査やバードウォッチができる日を楽しみにしています。

posted by ばーりさ at 09:55| みにクル報告(富士山)