2019年05月25日

群馬の繁殖分布調査地へ(植田)

今日は,1日時間が空いて,天気が良いので,夜行日帰りで,全国鳥類繁殖分布調査の調査責任者が決まっていない群馬の調査コースを調査してきました。

やはりいい天気です。森もキラキラしています。

P5250205.jpg

キビタキが多いです。前回の記録をみるとなんと,記録がないんです。驚きです。全国的に増えているので,その流れですかね。

前回の優占種は何かというと,ウグイスです。そのウグイスは今回は数羽程度。
林床はこんな感じ。

P5250207.jpg

これだとウグイスはいなくなってしまいますね。そこここでシカを見ましたので,その摂食圧だと思います。真ん中の木は樹皮まで食われていますが,そんな木もけっこうありました。

後変化があったのはノジコの減少,キツツキ類やカラ類の増加,そしてサンショウクイが記録されたことでした。
別荘地の売地看板があって,それが森の中に沈んでしまっていました。別荘開発後に売れずに樹林化が進んでいるようで,そうした森林化がこうした変化につながっているんじゃないかと思いました。

今回の目的の1つがタルタルカツ丼を食べることでした。

itabanakan.jpg

行ってきました。ソース系なのかと思ったら醤油系なんですね。煮込んだネギがカツの下に入っているのですが,ぬるかったのが微妙な感じでした。ここをしっかり温めてくれたら美味しかったのに。




posted by ばーりさ at 16:30| 活動報告

中央公園5月25日調査報告

早くも今日は5月最後の調査日です。
初夏の日差しが降り注ぎ、青葉がまぶしい朝。
公園は子連れの鳥たちで賑やかでした。

茂みの中でチチチッ、チチチッと煩く鳴き交わしているのはシジュウカラ。
少なくとも5羽のヒナを連れているようです。
大池ではジチッと聞きなれない鋭い声。
カワセミの巣立ちビナでした。
雄親が小魚を捕らえて運んでいました。

190525_kawasemi.jpg
  (親を待つカワセミの巣立ちビナ)

庭園の植え込みではスズメの家族連れの姿も。
公園の周りに多く生息するスズメ。
しかし、公園の中で姿を記録することはほとんどありません。
ところが、子育ての今の季節は別です。
今日は、巣立ちビナを伴って植え込みをちょこまかちょこまか。
待ちきれなく親鳥について歩くヒナの姿も見られました。

190525_suzume.jpg
(枝にとまって親鳥を待つスズメのヒナたち)

やはり、この時期、公園の樹木は重要な採食場所なのでしょう。
振り返るとすぐ脇の手すりにあどけないヒナの姿も。

一方で、今年はカッコウの鳴き声がまだ聞かれません。
昨年は5月12日、一昨年は5月20日に記録されています。
他の生息地でも鳴いていないようです。
今年はカッコウの飛来が遅いのでしょうか。
少し気になります。

さらに今の季節の人気者のカルガモのヒナたち。
今朝はまだ姿がありませんでした。
昨年は5月26日に初認でした。
来週はカルガモのヒナが見られると良いのですが…。

参加者4名 記録種数20種 記録個体数97羽
次回は6月1日午前6時30分からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 12:08| みにクル報告(宇都宮)