2019年05月13日

モニ1000調査もスタート 大山沢1回目 ハリオアマツバメを楽しむ

今日は秩父大山沢に行ってました。
本当は明日のつもりだったのですが,天気悪そうなので今日にしました。
以前はお天気運最強だったのですが,加齢とともにその運も弱ってきたようです。

大山沢は名前でもわかる通り,沢沿いなので,こんな鳥たちの声が響いてました。


比較的普通種なので,何かわかりますよね。
正解はミソサザイとエゾムシクイ。沢と言ったらこれにプラスしてオオルリとマミジロでしょうか。
マミジロは鳴き声は遠かったので,録れなかったのですが,さえずりだけでなく地鳴きも聞きました。地鳴きははじめてじっくり聞きましたが,ツグミ類の中では一番高いんじゃないかという高音でした。雄雌で一緒にいたので,もしかすると普通の地鳴きじゃなく,求愛の意味のあるものかもしれませんが…。

調査の方では,久々にソウシチョウを見ました。
以下の写真でもわかるように,大山沢はシカの影響で下層植生がすっかりなくなってしまっています。

P5130128.jpg

バイケイソウなどのシカが食べない草本があるだけです。それで,ソウシチョウまでもいなくなってしまったのですが,斜面の上の方に,これまたシカが食べないアセビの群落(双眼鏡で見る限りたぶんそう)ができ始めていて,そこからソウシチョウの声がしていました。今後どうなるのか,注目したいと思います。

林内をハリオアマツバメ3羽が飛びまわっていたのも今日のトピックです。さすがに林内を飛ばれると,羽音がすごいですね。ここで見られたのはまだ3回目なので,渡り通過なのだと思いますが,巨木と洞は揃っているので,もしや繁殖するのでは,と期待してしまいます。


最後に失態の報告。帰りがけに食べるつもりだったカツ丼。ここなら食べれると思っていた2軒がいずれも閉まっていて,食べ損ねました。一度戻ってきましたが,明日も秩父に行く予定なので,取り返します。


posted by ばーりさ at 16:08| 活動報告