2019年04月24日

今年のさえずりの早さは平年並みのところが多い?

4月から森のライブ音の聴き取り調査をしています。
北海道富良野,埼玉県秩父,山梨県山中湖,長野県志賀高原に東京大学のCyberForestプロジェクトにより設置されているライブマイクで聞くことのできる鳥の声を聞き取る調査です。今年は毎朝5-7名ほどの参加で実施しています。鳥の聞き分けの練習がてら参加していただいている人が多いので,興味ある方はご参加ください。



調査スタートからしばらく経ったので,今年のさえずりの様子が見えてきました。
まず一番北の富良野。こちらのさえずりはやや早めの印象です。

富良野.png

赤い線が今年のさえずり頻度を示していますが,過去の記録(ほかの色)よりも早くから上昇していることがわかります。


次に北に位置する長野の志賀高原は一転して,やや遅めの印象です。

志賀高原.png

ヒガラはそれほどでもなく真ん中くらいですが,ルリビタキの立ち上がりは今までで一番遅いです。


D36YKPRU8AAI_WC.jpg

今年は雪が少なかったのですが,4月に入ってから何度か雪が降るなど,一転,冬に逆戻りしてしまった影響なのかもしれません。


そして,秩父,山中湖は平年並みでしょうか。

秩父.png 山中湖.png

どちらも,これまでの年の真ん中くらいのところを赤い線が推移しています。


ここ数日は,毎日のように夏鳥の初認がされていて,今朝も志賀高原でエゾムシクイが初認されました。家に居ながらにして山の季節を感じられますので,聞き取り調査は早朝なので,参加が難しい方も,ライブマイク,聞いてみてください。








posted by ばーりさ at 15:21| 活動報告

十勝にガンカモ調査に行ってきました。

先週の4月17-18日に神山・佐藤で、モニタリングサイト1000調査地の北海道十勝地方へガンカモ調査に行ってきました。

ここはガン類が多い地域で、餌場の農耕地にいるマガン、オオヒシクイ、シジュウカラガン、ハクガンなどを車で移動しながらカウントします。その様子をお見せしたいところですが、農地の調査中はカウントに熱中していて写真を撮っていなかったので、ねぐらのひとつになっている生花苗沼で夕刻にドローンからマガンの群れを撮った写真をご覧に入れます。

湖面の長方形に明るくしてあるところにマガンの群れがいました。700-800羽ほどです。写真が切れていますが、もう少し右寄りにも少しいます。
DJI_0016マガン遠景s.jpg

近づいてみると、マガンです。
マガン接近.jpg

マガンは岸から離れた場所にねぐら入りしますが、望遠鏡で見ると距離感が分からないので対岸寄りにいると錯覚しがちです。今回もドローンを対岸まで飛ばして、「いないなあ」と思って戻ってくる途中に群れを見つけました。
生花苗沼衛星by地理院s.jpg

最後にもう一枚。私たちがいた生花苗沼の南側で、岸のそばを行ったり来たりしていたクロガモたちです。1羽のメスを押すが取り囲んで、ピューピュー鳴いていました。お隣の長節沼でも、姿は見えませんでしたが、海の方からクロガモの声がしていました。クロガモの声は、さえずりナビで聞くことができます。https://db3.bird-research.jp/saezuri/birdsong/detail/268
クロガモ生花苗沼s.jpg
posted by ばーりさ at 11:50| 活動報告