2019年03月16日

中央公園3月16日調査報告

ここ数日、寒さがぶり返した公園。
まだまだ厚手の上着やダウンジャケットが手放せません。
公園のロックガーデンではスイセンなどの植物が花を付けていました。

ハシブトガラスは巣造りに余念がありません。
サクラやケヤキの枝を折っては巣へ運んでいました。
今春は、5つがいが営巣しそうです。

ハシボソガラスの新しい巣もほぼ出来上がったようです。
ただ、産卵はまだのようです。
親鳥は住宅地にでも行っているのか姿がありませんでした。

11月から私たちを楽しませてくれたアトリやシメたち。
頻繁に行きかう散策者にも慣れたようです。
シメは数メートルの距離で地上に落ちた種子を頬張っていました。

20190316shime.jpg
(散策路のすぐ上に残ったカエデの実を食べるシメ)

アトリたちはさすがに食べ物が減ったのでしょうか。
生垣の上に溜まったケヤキの種子を食べていました。
お蔭で密生した葉が邪魔で正確な数がカウントできません。
27羽?いや30羽以上いたなどと記録数が定まりません。

190316atori.jpg
(生垣に溜まったケヤキの実を食べるアトリ)

アトリを観察中。最年少のS君が上空を舞うツバメを発見。
この場所では今春の初認です。
過去16年の記録を見返すとツバメの初認は3月下旬から4月上旬です。
1週間に1度の調査なので初認日は偶然性に左右されます。
それでも、今春は例年より早い記録と言えそうです。

サクラの季節まであと少し。
アトリたちの北帰行ももうすぐです。

参加者7名 記録種数19種 記録個体数150羽
次回は3月23日午前7時からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 12:02| みにクル報告(宇都宮)