2019年03月01日

小友沼のガン(佐藤)

朝、6時に小友沼に行きました。すでに少し明るくなっていて、そこには数千羽のハクチョウ類と数万羽のガン類がいました(写真)。
ここは、中継地として、多くのガン類が利用していますが、例年よりも早いとのことです。
IMG_0731.JPG
パッと見ると、ハクチョウ(おそらく、全体的にオオハクチョウが多い)が目に入るのですが、よく見ると、大量のマガンがいます(写真)
IMG_0735.JPG
この中には、ハクガンも混じっていました。佐藤が目視しただけでも100羽以上いたので、実際にはもっといたと思います。

小友沼も八郎潟と同じく、ガンカモ類にとって重要な越冬地、中継地となっているようです。興味深いのは、小友沼をねぐらにしているシジュウカラガンも八郎潟へと餌を食べに行くそうです。八郎潟をねぐらにすればいいのにと思いますが、小友沼の方が居心地がいいのかもしれません。

今日のとび立ちは一斉というよりも、複数回にわたって飛んで行きました。地元のおじさんに聞くと、昨日は一斉に飛び立ったそうです。何の違いでそうなったのかわかりませんが、昨日の見たかった(調査員さんによると昨日は8万羽いたそうです)。

IMG_0728.JPG

水際にはハクチョウの羽が大量に漂着していました。ハクチョウ類の数の多さを物語っています。

明日は早朝、八郎潟のねぐらを視察しに行きます!
続きを読む
posted by ばーりさ at 23:20| 活動報告

ねぐらに集まるカラス、種によって行動が違う(高木)

 先月の中旬に会議で大阪へ出張した際、少し時間ができたので、大阪府枚方市にある山田池公園のミヤマガラスのねぐらを見に行きました。
 毎月ミヤマガラスの観察報告を送ってくださる会員の方がいて、一度は見に行きたいと思っていたところです。このねぐらに集まるミヤマガラスは例年2月ぐらいになると減りはじめます。なので、もう見れないかな、と思っていましたが、2月12日にいただいた観察報告で200羽弱のミヤマガラスとコクマルガラス3羽が記録されていたので、急遽行くことにしたのです。
 急な予定だったにもかわからず、お時間をとっていただき案内してもらうことに。その方から、カラスたちの行動パターンを聞きながらの観察はとても楽しいものでした。このねぐらは公園のはやしに入る前に、ねぐら前集合をします。そこにはブト、ボソ、ミヤマ、コクマル4種がそろいますが、種によって行動が違います。ミヤマガラスは電線にとまり、ハシブトガラスは高い木の枝先にとまります。ハシボソガラスは一番遅くにねぐら周辺に現われて、ねぐら前集合に合流せずに直接ねぐらのの樹林に飛び込んでいくものも多い。ミヤマガラスは一度とまったらあまり動きませんが、コクマルガラスは、ちょこちょこ位置を変えて動き回っていました。一塊のカラスの群れに見えて、種によって個性が違う、こういうところがカラスの観察の面白いところだなと思います。

P2180210ss.jpgP2180205s.jpgP2180196s.jpg
posted by ばーりさ at 15:00| 活動報告