2019年03月16日

中央公園3月16日調査報告

ここ数日、寒さがぶり返した公園。
まだまだ厚手の上着やダウンジャケットが手放せません。
公園のロックガーデンではスイセンなどの植物が花を付けていました。

ハシブトガラスは巣造りに余念がありません。
サクラやケヤキの枝を折っては巣へ運んでいました。
今春は、5つがいが営巣しそうです。

ハシボソガラスの新しい巣もほぼ出来上がったようです。
ただ、産卵はまだのようです。
親鳥は住宅地にでも行っているのか姿がありませんでした。

11月から私たちを楽しませてくれたアトリやシメたち。
頻繁に行きかう散策者にも慣れたようです。
シメは数メートルの距離で地上に落ちた種子を頬張っていました。

20190316shime.jpg
(散策路のすぐ上に残ったカエデの実を食べるシメ)

アトリたちはさすがに食べ物が減ったのでしょうか。
生垣の上に溜まったケヤキの種子を食べていました。
お蔭で密生した葉が邪魔で正確な数がカウントできません。
27羽?いや30羽以上いたなどと記録数が定まりません。

190316atori.jpg
(生垣に溜まったケヤキの実を食べるアトリ)

アトリを観察中。最年少のS君が上空を舞うツバメを発見。
この場所では今春の初認です。
過去16年の記録を見返すとツバメの初認は3月下旬から4月上旬です。
1週間に1度の調査なので初認日は偶然性に左右されます。
それでも、今春は例年より早い記録と言えそうです。

サクラの季節まであと少し。
アトリたちの北帰行ももうすぐです。

参加者7名 記録種数19種 記録個体数150羽
次回は3月23日午前7時からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 12:02| みにクル報告(宇都宮)

2019年03月12日

楽天株式会社から文具を寄贈頂きました(佐藤)

日本フィランソロピー協会さんがおこなっている「あげます・もらいます」を介して、楽天株式会社さんからクリアファイル(バスケットボール仕様)と付箋(サッカー仕様)をたくさん頂きました。

「あげます・もらいます」は企業からの提供品を、必要とするNPOに日本フィランソロピー協会が橋渡しをしてくれる事業です。

楽天株式会社さん、日本フィランソロピー協会さん、ありがとうございました!大事に使います。
IMG_0920.JPG
posted by ばーりさ at 11:45| いただきもの

2019年03月11日

谷津干潟のハマシギサイエンスカフェを今年も行いました(守屋)

IMG_3331.jpg
3/10(日)に谷津干潟のサイエンスカフェ「ハマシギの渡りの秘密をさぐる」に話題提供してきました。昨年も話をさせていただいたハマシギ第2弾です。

現在いろいろなハマシギに関する渡りのデータをアラスカの研究チームが分析しており、近々その結果が公表されそうです。その少し教えてもらった内容を、冒頭にバードラーフの澤さんが説明してくれました。

次に元山階鳥類研究所の茂田さんの豊富な海外バンディング経験による各亜種の識別の話。直前に多方面に電話をしてくださっていろいろハマシギ亜種の写真を集めていただいたようです。
前提として日本に来そうなハマシギの亜種は4種類いるのですが、アラスカからくる亜種が最も多く、その他の亜種についてはあまり見つかっていません。しかし外見でも条件によってはそこそこ識別できそう??です。

それを受けて、私は渡りの状況をみんなで観察しようという提案をしました。ハマシギの日本に渡来してくるメインの時期は9月以降なのですが、それより早く繁殖地からはハマシギはいなくなっています。その間はどこにいるのか?ただ、中国や韓国では早い時期からもうすでに渡来していたりするのです。これは亜種による違い?ルートが異なるだけなのでしょうか。
なかなか観察により亜種の違いを見るのは難しいのですが、夏羽であれば黄色味のある普段とは違うハマシギや極端に小さいハマシギがいて、そういった怪しい記録を協力して集める事で、渡りの謎をつかめるかもしれません。
季節前線シギチドリ調査は、この秋からハマシギをメインに初渡来日や怪しいハマシギ亜種の情報を集める予定です。

同じく山階研究所の仲村さんには、フラッグの回収結果から冬期のハマシギの行動範囲についてお話していただきました。谷津干潟-三番瀬-葛西は同じ群れの行き来があると思っておりましたが、東京港野鳥公園、多摩川河口さらには盤洲も行動圏になっていそうで、東京湾は一体として保全していく必要があるのではないかと思いました。東京湾で放鳥されたシギチドリには、青と白のフラッグがついています。もし観察されたら山階鳥類研究所にご連絡ください。
IMG_1041.JPG
脚にフラッグが装着されたダイゼン

漫湖水鳥湿地センターの富田さんからは、沖縄で落鳥していたハマシギの胃内容物について報告がありました。小さな巻貝やイトゴカイが含まれるようです。他の地域でも冬期に何を食べてハマシギは冬を越せるのか、十分な量があるのか興味深いところです。バードリサーチでは、シギチドリの食性調査も行っていますので、もし何か食べているところを観察・撮影されたら教えて下さい。また、胃の中には青い小さなプラスティック片も含まれていました。最近、多方面で話題のマイクロプラスティックはシギにも影響のある問題なのかもしれません。

IMG_3330.jpg
最後に参加者の皆さんとハマシギ保全のために何ができるか意見交換しました。プラスティックの話題の影響からか身近にできるゴミ拾いや、知ることが大事ということで広報や周知に力を入れていった方が良いという意見をいただきました。
持ち時間が少なくて駆け足だったにもかかわらず、前向きな意見を多数いただけました。ありがとうございました。

ハマシギは冬の日本の代表種で、日本が最も気にすることのできるシギチドリです。その生活を調べたり、守ったりすることは、多くの水辺やそこに住む生き物の保全にもつながります。
バードウォッチングの延長として、気にしてもらって報告してもらえると幸いです。
posted by ばーりさ at 16:29| 活動報告

香川で繁殖分布調査報告会(植田)

香川に繁殖分布調査の報告会に行ってきました。
ちょっと時間があったので,会場のそばの栗林公園に行ってみました。アオジやシロハラ,ビンズイなどが近くで見られなかなか良い公園でした。盆栽みたいな松がたくさんあって,中国か韓国の人がたくさん観光にきてました。

koen.jpg


報告会には地元香川だけでなく,岡山,愛媛,徳島,高知など30名を超える方にご参加いただきました。
四国で減少している鳥など,こちらのデータとイメージはあっているようで,よかったです。レッドリストの改訂もまもなく行われるとのことで,役立ててもらえたら,と思います。

kagawa.jpg

そして夜は懇親会。四国だけに夜の街にヒゲガビチョウを発見。本当は何の鳥のイメージで描いたんでしょうね。

higegabi.jpg

香川はうどん県ですが,カツ丼もありました。1000円オーバーの高級カツ丼でしたが,あまり醤油味のたっていない関西風の美味しいカツ丼でした。

kehare.jpg



posted by ばーりさ at 12:54| 活動報告

2019年03月10日

モニタリングサイト1000鳥類調査講習会in大阪を開催しました(佐藤)

バードリサーチはモニタリングサイト1000(以下、モニ1000)のガンカモ類調査、シギ・チドリ類調査、そして陸生鳥類調査に関わっています。これまでも各調査の交流会などは実施していたのですが、今回は3つの調査のそれぞれの成果報告会を共同でおこなう、モニタリングサイト1000鳥類調査講習会を3地域(千葉、宮城、大阪)で開催します。第3回目は大阪市で開催しました。

3月9日(土)は第1回第2回の講習と同じく、モニ1000についての概要、各調査のこれまでの成果を紹介し、最後はモニ1000に参加するためにはどのような課題があるのかについて話し合いました。

今回の話し合いでは、カメラマンを巻き込むような調査ができないかというご意見がありました。
バードリサーチではこれまでカワセミの植生調査やシギ・チドリ類植生調査を実施していますが、
写真ならではの調査を実施して、敷居の低い調査をすることも重要だと思いました。

IMG_0872.JPG

お昼をはさんで午後はカモ類識別講座と大阪城公園のお堀でカモ類の調査を実施しました。
カモ類識別講座は身近なカモ類の見分け方に加え、世界のどういう場所で分布しているかなども紹介しました。

カモ類調査はオスメスの性比調査を実施しました。
今回はキンクロハジロが数百羽と、ハシビロガモ、カルガモなどが少数いました。
IMG_0895.JPG


三週にわたっておこなった講習も今回で最後となりました。各回数十名の方に参加していただきました。
今回の講習会で得た意見などは今後の活動に活かせるよう頑張ります。


続きを読む
posted by ばーりさ at 16:27| 活動報告