2019年03月30日

中央公園3月30日調査報告

公園のシダレザクラはほぼ満開。
一方、ソメイヨシノはまだ2分咲き程度。
一気に公園の彩が鮮やかになりました。

今日は2018年度最後の調査日。
今年度の鳥の記録状況を振り返ってみます。
下の図は、2010年度からひと月の記録種数の変動です。
この公園では9月や10月に記録種数の大きなピークがあります。
しかし、今年度は10月の種数が25種とこの9年間で最低を記録しました。
台風や残暑の影響だったのでしょうか。

種数変動.jpg
    (2010年から9年間のひと月の記録種数の変動)

次に、今冬の主要な冬鳥のシロハラとツグミの10日ごとの記録個体数を比べてみました。
いずれも赤のラインが今シーズンを表しています。

図のようにシロハラは11月の上、中旬こそ16年冬と同じでした。
しかし、11月下旬から1月下旬は1〜3羽と過去2年より少ないことが見てとれます。

190330shirohara.jpg
  (シロハラの10日ごとの記録個体数の比較)

ツグミは、例年だと11月上旬や中旬にやや多く記録されます。
しかし、今シーズンは12月下旬になってやっと上空を通過する4羽が記録されました。
その後も1月にはせいぜい2羽が記録されただけでした。
2月になって、やっと増えてきました。

190330tsugumi.jpg
  (ツグミの10日ごとの記録個体数の変動)

したがって18年冬はシロハラもツグミも16年冬や17年冬に比べて少なかったと言えます。

今冬はアトリの群れが越冬しました。
今日も22羽が芝生で群れで採食していました。
シメの個体数は昨シーズンなどより少なめでした。

したがって、全体的に冬鳥は少なかった冬と言えそうです。
今シーズンの初冬季は気温が高く全体的に暖冬でした。
ツグミやシロハラは、山地や北日本に遅くまでとどまっていて、飛来数が少なかったのかもしれません。

さて、この調査も来週から17年目に入ります。
19年はどのようなシーズンなのか楽しみです。

参加者8名 記録種数20種 記録個体数144羽
次回は4月6日午前7時からです。担当:BR平野




posted by ばーりさ at 12:40| みにクル報告(宇都宮)

2019年03月27日

冬期の水場ビデオ

です。

冬期の水場ビデオはトラブルが2回ほどあったものの、簡単な処置(電源を抜いて差し直す)で稼働中です。
1月1日から3月25日までの間で、1393回の鳥の姿を捉えています。日平均16.8回の映像が記録できました。

出現鳥類の回数はメジロが最も多く、次いでヒヨドリ、シジュウカラでこの3種で全体の約70%を占めました。
1.メジロ381回
2.ヒヨドリ336回
3.シジュウカラ326回
4.キジバト108回
5.シロハラ75回
6.ヤマガラ74回
7.ウグイス61回
8.ジョウビタキ45回
9.エナガ36回

水場は東京都の北多摩地区、大きめの木がある自然公園の隣で、木陰の下にあります。ほかにもムクドリやスズメなどは周囲で観察されますが、水場では観察されませんでした。ある程度メンバーは固定されているようです。
また、水場が凍った時にも訪れていたたため、場所を覚えた特定の個体が来ていたと考えられます。
凍った水場になす術のないシジュウカラとメジロ

訪問上位種のメジロ、ヒヨドリ、シジュウカラ、キジバトの日別の訪問回数を図1に示します。
清瀬ー水場訪問回数.png
メジロ、シジュウカラは1月中旬の訪問回数が多く、2月初旬以降は極端に少なくなっていました。ヒヨドリも1月の方が訪問回数が2月より多めです。2月14日のみ突出しているのは群れが訪れていました。ただ次の日は群れはいなくなっていたので、移動の途中だったようです。
2019/2/14のヒヨドリの群れ

興味深いのはキジバトが2月初旬から毎日のように観察され始めたことです。周辺に年中いるので2月になって、なぜ毎日来るようになったのか謎です。
ただ、キジバトが定期的に来るとメジロやシジュウカラが来なくなっているように見えます。

しかし、周囲の気温も2月初旬から上向きになっていました(図2)。
清瀬ー水場気温.png
キジバトの影響ではなく、暖かくなってキジバトが水場に良く訪れるようになったことと、ヒヨドリと同じようにメジロやシジュウカラも繁殖の準備に入り各地に散っていくことが、同時期におこったのかもしれません。
ほかの場所ではどうなのか例数を増やして観察を続けていきたいと思います。

さて、今回溜まりまくった3千数百枚の動画ファイルを一気に見ましたが疲れました。
今後は、AIの画像処理を使って写っている種を判別できないかと思っています。
PythonとOpenCVとかを使うのかなと。ご教授・お手伝いいただける方、にご連絡ください。


posted by ばーりさ at 12:51| 電子工作戦隊

2019年03月21日

今年もツミ調査開幕

大リーグはじまりましたね。イチローはヒット出なくて残念でした。
こちらのツミ調査も,今朝開幕です。

クヌギやコナラはもちろんまだ開葉してませんが,葉桜が咲き始めてました。

IMG_20190321_071616.jpg

しばらく待ったのですが,ツミは現れず。シジュウカラの雰囲気からしても,まだ来ていないようです。次の林へ移動です。

今年から新兵器導入しました。去年まではコンビニコーヒーを調査地点に運ぶのに原付の片手運転で四苦八苦してました。うまく運べたと思って,原付止めて,スタンドを立てようとしてこぼしてしまったりして,残念な気分になったりもするんですよね。でも,もう安心です。紙コップも使わずエコだし。

IMG_20190321_073839.jpg

マイベンチに到着。シジュウカラも,ちょっとピリピリした雰囲気。ツミいるかもと期待が持てます。
本を読みながら,コーヒ飲んで,いい気分。カップのエッジがちょっと立っていて,唇に優しくないので,もうちょっと丸くしてくれるとさらによいのですけどね。タイガー関係者の方,もし読んでいたら改善お願いします。エッジがたってたほうが,パッキンが効くとか理由があるのかもしれないけど。

のんびりしていると,聞こえました。


成鳥雌雄両方いました。雄の方はすぐ飛んでしまい,よく見えなかったんですが,一昨年まで連続で来ていた特徴的な個体なのかどうか,今度確認したいと思います。


posted by ばーりさ at 10:47| 活動報告

2019年03月19日

秩父の巣箱に温度計を設置に

まもなく桜も咲きそうですね。今年のヤマガラの繁殖は早いに違いない。ということで,例年ならば4月に行く巣箱のメンテナンスに,今日,行ってきました。
早く言ったおかげで,巣箱にはまだ巣材は運び込まれていませんでした。1つだけ枯葉が運び込まれていた巣がありましたが,これはヤマガラじゃなくて,ネズミですかね?

P3190052.JPG


巣箱の底に,板の上につけた温度計を設置します。バードリサーチの15周年大会でいただいたお花のお祝いの板も,リユースさせていただいたので,ちょっとおめでたい巣箱になりました。ヤマガラの新居祝いみたいですね。ヤマガラもきっと照れくさく思うだろうということで,葉っぱで隠してあげました。


P3170044.jpg


花粉症がひどくなることを恐れていたのですが,意外と大丈夫でした。下山後,昼食です。これまではカツ丼のなかった道の駅にカツ丼が導入されたので,食べてみました。
たれカツ系のわらじカツ丼です。衣がちょっと,小麦粉っぽいところが気になりましたが,まぁまぁでした。

otaki.jpg


posted by ばーりさ at 17:10| 活動報告

2019年03月17日

巣箱カメラ

です。

春になって暖かい日も多くなってきました。
電子隊は、なかなか時間が取れずコツコツ、カメラ付き巣箱を試作してました。

IMG_3164.JPG
基本的に焦電センサーで鳥を検知、カメラシャッターを落とす。撮影した映像をメールで送信させるというものです。センサー部分は水場カメラと同じです。

IMG_3226.JPG
特に巣箱に特別な構造はないので、昨年作った巣箱の天井に穴を開けてカメラを下向きに設置しました。余ったカメラを使ったので、最短焦点距離が合わずややボケ気味、まあ鳥が判れば良いかという仕様です。

IMG_3235.JPG
自宅庭にとりあえず設置しました。伸びてるコードは電源です。
巣の入口外につけたセンサーは、外の変化にも反応するため巣箱の中に途中入れました。巣箱に入ってきた時だけ反応すると思ったのですが、日中の入り口から漏れる光にも反応するため(一日で数百通ぐらい来ます。)、センサーは工夫の余地ありです。通過ー遮断型のセンサーにした方が良いかもしれません。

IMG_3239.jpg
センサーが反応するとこんなふうにメールが来ます。

ひと月ぐらい試行錯誤して、今日始めてシジュウカラを確認できました。
気に入って巣作りしてくれるといいのですが。
photo-kiyose-NEST20190316.jpg
posted by ばーりさ at 10:33| 電子工作戦隊