2018年10月31日

野鳥記録を入力する画面を改良、説明動画も作りました

フィールドノートの使い方 第8回】

観察者名を入力できるようにしました。(ログインユーザー名が初期表示されます)

種名検索するときに鳥類目録に掲載されている全亜種が表示されていたのを、野外観察で識別可能な亜種だけにしました。

編集モードから閲覧モードに変更しても、画面下部の編集モードアイコンが押し込み状態の表示になっていた(実際は押し込み状態が強弱の二段階だった)のを、押し込まれていないアイコンを表示できるようにしました。

「周辺でよく見られる種」「種グループ」で表示される種名リストで、すでに入力済みの種が分かるようにしました。下の画像で、入力済みの先頭3種は灰色になって選択できなくなっています。
IMG_1808.PNG

観察した全種を記録したのか、一部の種だけを記録したのかを示すチェックボックスを付けました。バードリサーチで分布を分析するときに使用しますので、この項目の入力にご協力下さい。(なるべく全種を入力してもらえると、うれしいです)
IMG_1809.PNG
一覧画面(記録種をタップすると詳細画面が開きます)にいても、各種でどの項目が入力されているのか分かるようになりました。シジュウカラは羽数(そのまんまですね)。メジロは非公開で他の利用者に見えません。ジョウビタキはこの2項目以外の何かが入力されています(初認、雌雄、成幼、繁殖コード、メモなど)。

さらに、説明動画も作りました。

フィールドノート 記録を入力する
https://youtu.be/pOPLBJblkd0

フィールドノート 記録を非公開にする方法
https://youtu.be/TywSJNRfNVc

フィールドノート 見たい鳥を検索する
https://youtu.be/w4sJNUQ9hiw

さえずりナビ 種名で検索
https://youtu.be/RV57UM2Um1g

さえずりナビ 鳥を見た位置で検索
https://youtu.be/Upor0EeyuxE

posted by ばーりさ at 22:06| フィールドノート使い方

2018年10月25日

株式会社シー・アイ・シー様からお花を頂きました

バードリサーチ15周年大会まであと2日となりました。発表準備がまだまだ終わらず、焦っている中、嬉しい贈り物が!
株式会社シー・アイ・シー 代表取締役 芳賀英吾様から胡蝶蘭を頂きました。
シー・アイ・シー様にはツバメの糞受けの支援等して頂いており、その上、お花まで頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
胡蝶蘭は大会会場まで運ぶ予定です。15周年に花を添えて頂き、ありがとうございます!
S__68599882.jpg

posted by ばーりさ at 17:53| 活動報告

株式会社モンベルより、副賞のご提供をいただきました!!

バードリサーチ賞の表彰にあたり、株式会社モンベルより、副賞のご提供をいただきました。ありがとうございます。ご提供いただいた副賞はバードリサーチ15周年記念大会(1027日@東京海洋大学越中島キャンパス)において開催する表彰式で、受賞者に表彰状と共に贈呈いたします。

今回は、西田有佑氏による調査研究プラン「モズのはやにえは、早口で鳴くための貯食物?」と、サシバプロジェクトin大阪による調査研究プラン「大阪府域におけるサシバの生息情況調査」の成果がバードリサーチ賞に選ばれています。副賞は、調査など野外で活動する時に欠かせないレインウェアをご提供いただいていますが、サシバの調査はグループでの活動です。株式会社モンベルの粋なお計らいで、主要メンバーの人数分、ロゴ入りのTシャツをご用意いただきました。今から受賞者の方にお渡しできるのが楽しみでなりません。


ご提供いただいた商品について

------------------------------------------

個人での受賞者には・・・

レインワーカー ジャケット

k_1132134_prbl.jpg


機能性とコストパフォーマンスを高い次元で両立したジャケットです。独自の防水透湿性素材と、新開発の優れた耐摩耗性を備えた高強度素材を組み合わせることで、日々の使用にも耐えうる頑丈さと快適性を実現しました。農作業に適したさまざまな機能を装備し、ワークウエアとして使用していただけます。身幅に適度なゆとりをもたせたレイヤリングしやすいシルエットです。



グループでの受賞者には・・・

ウイックロンTシャツ (カスタムオーダーによるオリジナルプリント入り)

ltgn_1200.jpg

表面には、毛玉の原因となるけばを抑えながらも、コットンのような優しい風合いを持つ短繊維、肌面には優れた吸水拡散性を備え、優しい肌触りを持つ長繊維を使用したTシャツです。異なる特長を備える繊維を組み合わせることで、機能性だけでなく、快適性もプラスしました。


モンベル・カスタムオーダーについて

モンベルの高機能アイテムに、お好きなデザインや文字を入れて、オリジナルアイテムを作ることができるサービス。

------------------------------------------




調査研究支援プロジェクト と バードリサーチ賞について

------------------------------------------


調査研究支援プロジェクトは、調査や研究の計画を立てる段階で、対象を選び、皆さまからのご寄付をもとに支援金を贈呈するプログラムです。毎年支援を行なっており、たくさんの素晴らしい調査研究成果があがって来ています。そこで、支援した調査研究プランのなかから、研究や活動の独創性、達成度、発展性、などを考慮して、優秀な成果をあげたものを表彰するため、バードリサーチ賞を設けています。3年に一度、選考を行ない表彰することとしています。

------------------------------------------


posted by ばーりさ at 15:26| イベント情報

2018年10月22日

モニ1000研修会/交流会で鹿児島に(植田)

モニ1000の研修会/交流会,今年は鹿児島から。
ご参加いただいた皆様,ありがとうございました。

DSC01662.jpg


最初は申込者が少なくて,焦りましたが,20名参加いただき,楽しく実施することができました。
心残りは,自己紹介やワークショップで時間が押してしまって,全国鳥類繁殖分布調査の話があまりしっかりできなかったこと。さらに,その中で毎回ちょっと紹介する全国カツ丼分布調査の話を,ほぼまったくできなかったことです。でも参加者の方には,ぼくのカツ丼好きを知ってくれている人もいて,美味しいカツ丼の店を教えてくれました。今回は,ちょっと遠くて行くことができなかったので,またの機会に行きたいと思います。

お薦めのところには行けませんでしたが,駅前のとんかつ屋さんに行ってきました。
九州のカツ丼はやっぱ甘いですね。そして,九州北部は,蒲鉾など練り物がはいるのですが,南部はいたってシンプルなよう。こういう分布の違いを話したかったんですけどね。

kurokatsu.jpg


桜島もきれいでした。

DSC01658.JPG

posted by ばーりさ at 19:15| 活動報告

2018年10月20日

10月20日中央公園調査報告

9月以降の調査で久々の晴天。
冬鳥を期待しての調査です。

集合場所では鳴きながら飛びまわるカワラヒワ3羽。
ヒヨドリの声に混じってメジロの声も。
さらには上空から一声、ケ、ケーの鳴き声。
見上げると1羽のツグミが通過していきました。

幸先の良いスタート。
きっとジョウビタキやアカハラなどが見られるに違いない?

しかし、期待もむなしく鳥達の姿は少なめでした。
大池のカルガモも少ないままでした。
すべての池を含めても44羽のみ。
しかもカワセミの姿はありません。

それでも、メジロやシジュウカラは順調?に増えてきました。
ケヤキの茂みで鳴き交わしながら採食するシジュウカラ。
声を頼りに手分けしてのカウント。

181020shijyukara.jpg
   (茂みで動き回るシジュウカラ)

結果、シジュウカラは4群で15羽。
メジロは少なくとも10羽を記録しました。

しかし、期待したジョウビタキは記録できませんでした。
さらに、ヒガラやヤマガラ、アオゲラの鳴き声も確認できず。
今秋は山に木の実が多いのでしょうか。

昨冬はイカルやシメ、ルリビタキが楽しませてくれました。
しかし、公園のカエデの実は不作です。
ケヤキは多くの実を付けているようです。
はたして、アトリやマヒワ、イカルの飛来状況はどうなのでしょうか。
早くも今冬の飛来状況が気になります。

参加者9名 記録種数18種 記録個体数207羽
次回は11月3日7時からです。担当:BR平野

posted by ばーりさ at 12:11| みにクル報告(宇都宮)