2018年08月11日

中央公園8月11日調査報告

昨夜の宇都宮は大雨に伴う避難勧告の警報で騒然としていました。
幸い大きな災害は起きなかったようでした。
一夜明けた公園。
鳥たちは何事もなかったように行動していました。

ただ今朝も鳥たちの姿は少なめでした。
例年多いハシブトガラスも今朝は12羽のみ。
先週よりさらに減少していました。

大池の縁のシダレザクラの木。
近くの巣で巣立ちしたササゴイの幼鳥が枝先で羽繕い中です。
親鳥の帰りを仲良く待っていました。

180811_sasagoi.jpg
(朝陽を浴びて羽繕いをするササゴイの兄弟)

ただ、一旦、親鳥が戻るやいなや皆ライバルに変身。
先を争って猛ダッシュ。
無理やり親鳥の嘴をこじ開けて自分の嘴を親鳥の口の中へ。
親鳥もたまらず一目散にその場を退散。
餌運びも命がけ??

こうした光景もあとわずかです。
あと4、5日で最後の巣のヒナも巣から出て枝移りです。
そして月末には公園を後にしていることでしょう。

今年は繁殖つがい数は減少したものの繁殖成績は良好でした。
この分だと今年は30羽の若鳥たちが旅立っていきそうです。

180811_kawasemi.jpg
     (池の縁で争うカワセミ)

ササゴイのヒナたちの下ではカワセミが争い中?
池の縁の石の上で、体を細くして嘴を上方に向けあっていました。
1羽は今年生まれの若鳥です。

彼らも生き残りをかけて必死です。
上手く定着できるでしょうか。
今後が楽しみです。

参加者6名 記録種数13種 記録個体数70羽
次回は8月18日午前6時からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 14:40| みにクル報告(宇都宮)