2018年07月11日

オオタカ調査で帯広へ

先週の名古屋,小松に続き,帯広へ行ってきました。
 帯広の営巣地はカラマツそして平地。スギの営巣地がつづいていると,巣が見やすいし,巣へのアクセスも楽。ヒグマがいるところがちょっと怖いけど(今回も1頭見られました)。

こんな感じです。

DSC01586.JPG

 数年前の台風で営巣地の防風林の木がかなり倒れ,その処理がオオタカに影響を与えているそうです。この営巣地もすぐそばまで伐採が入っています。防風林というと単なるその防風目的の林と思ってしまいますが,材をとるための林業地でもあるそうで,伐採は材の管理やそもそもの目的でもあるので,仕方ないのですが,大径木林がそれなりに残っていて,これまではうまく営巣地を移動させながらオオタカが繁殖してきたのが,台風対応で伐採が多くなると代わりの営巣地がなくならないか心配です。

DSC01572.JPG



 多くの巣は巣立っているか,巣立ち直前でした。北海道のオオタカは渡りをするのに,留鳥の本州と繁殖ステージがそれほど遅くないのが意外です。
 また,今年はヒナが多いということで,3羽の巣が多くありましたが,普段は3羽は珍しいそうで,そうするとヒナ数は本州より少なくなります。今の時期だけみていると,獲物になる鳥は本州よりも多そうなのにちょっと意外でした。渡りと春先の鳥の少なさが卵数に影響するのかな。

 今回もカツ丼に連れて行ってもらいました。北海道らしいシイタケと筍のカツ丼です。ぼく的にはちょっと煮込みすぎで衣がブワブワになっているのはマイナスポイントですが,美味しかった。カマンベールソフトなるものもご馳走になりました。もっとすごいもの想像しましたが,普通に美味しかった。



konomi.jpg

posted by ばーりさ at 05:37| 活動報告

2018年07月06日

カワウのコロニー調査 in 淡路島(高木)

 関西広域連合(近畿圏の府県市の行政の集合体)から委託を受けて、6府県のカワウの生息状況を調査しています。実際の調査は、地元におられる会員の方や調査協力者の方に実施してもらっていますが、中には調査が難しいねぐらやコロニーがあります。そこで、調査方法の改善などで、より正確に調査できるようにしたり、調査者の負担を減らしたり、というバックアップをしていく予定です。

 今回は、夏は薮が深く観察地点まで到達するのが大変で、調査ができないと報告を受けていた淡路島のコロニーに行ってきました。そのコロニーは、確かに、周りを住宅や、不法投棄のゴミや、トゲのある木や、濃い茂みが取り囲んでいて、どっから新入したらいいか悩む場所でした。事前に、現地の情報を、日ごろ調査していただいていた方から受け取っていたので、何とか、ねぐらが見える場所まで、行くことができましたが。。。近くを通るだけでは、こんなところに池があるとは思わないですし、カワウのねぐらの存在にも気づかないかもしれません。
 苦労して眼前にカワウのねぐらが見えた時、ちょっと感動しました。最高の立地です。彼らにとって。海に面していて、誰も人間は接近できない場所で、程よい開放水面、岸にせり出す樹木。まさに、楽園です。ここ、当然選ぶよね〜。と思うようなところでした。


DSC_0729s.JPG
右手奥が海、写真左の池の対岸画面から外れた位置にカワウのコロニーがありました。

調査した日は、豪雨が始まる直前で、雨で調査はできないかもしれないという
可能性もある中、乗り込みましたが、幸運にも雨はほとんど降らず、
陽ざしが陰って、かえって涼しくて助かりました。
(調査後、神戸の宿では、携帯がけたたましく、避難勧告のアラームを
 響かせていましたが。)
そんな、好条件だったので、ついでに、個体数と巣数もカウントしてきて
しまいました。そのせいで、同行してもらった同僚の加藤貴大君は、
ほぼ最終の新幹線で帰宅、家に着いた頃には日付が変わっていた
そうです。ごめんね。(私は翌日大阪で会議のため、宿泊)

さて、本来の目的の、今後の調査のための、改善策ですが・・・。
ちゃんと仕事をしてきました。今まで使っていた調査ルートとは別に、
もう少し楽に観察できる地点に到達できるルートを発見してきました。
これで、少しでも、調査していただいている方の負担が減ると良いのですが(^^;

この冬には、別の場所のバックアップを予定しています。



DSC_0710s.JPG
明石海峡大橋は立派でした。加藤くんは、お土産にたまねぎをたくさん買って帰っていきました。



posted by ばーりさ at 00:00| 活動報告

2018年07月05日

Birder編集部からビールいただきました

編集委員と執筆のお礼かな,お中元でビールを送っていただきました。
ちょっと飲んでみたかったの白いエビスが入ってたので,飲んでみました。あんまエビスらしくない味ですね。普通のがいいかも。ほかにもいろんな色のがあるので楽しんでみます。

DSC01564.JPG

しばらくは,決算,監査準備,総会準備と事務作業が続くので,土日は飲みながらやらせていただきます。

ありがとうございました。

posted by ばーりさ at 08:20| いただきもの

2018年07月04日

メロンをいただきました

株式会社シー・アイ・シーの今井さんから、アンデスメロンが届きました。
シー・アイ・シーさんにはメロンのみならず、ツバメプロジェクトや、研究支援プロジェクトに寄付をいただいています。明後日が食べごろと書いてあるので、しばらく飾っておいてから頂戴します:-)

ところでWikipediaによると、アンデスメロンはアンデス山脈とは関係がなく、当初は病気に強いので「安心ですメロン」というネーミングだったのが、「アンデスメロン」になったそうです。本当でしょうか。


メロン.JPG

posted by ばーりさ at 17:13| いただきもの

キビタキのさえずりが活発になる時期は4月の気温と関係?

環境省のモニタリングサイト1000の調査と関連して,バードリサーチの独自事業としてさえずり時期の調査をしています。
東京大学のサイバーフォレスト・プロジェクトのライブ音配信を聞き取ったり,調査サイトに設置したICレコーダーの聞き取りをしています。
これまで初認時期との対応を見たりしていたのですが,初認後にいなくなってしまったりすこともあるので,初認をその年の指標にして良いのかというと,ちょっと微妙なところがありました。

一定の時間を聞き取って,何分鳴いていたのか,というさえずりの頻度のデータがあるので,それをもとにさえずりの活発な時期を推定してみました。

調査期間にはあまり鳴かない寒い日や雨の日もあるので,まずは,前後2日間を含めた移動平均をとって,データを平滑化してやって,調査開始から,移動平均値の最大値が出た日のデータまでを使って,回帰線(プロビット回帰)を引いてみました。そして,それが50%に達した日をその年のさえずりの活発な日の指標としてみました。

こんなイメージです。

鳴き声解析方法.jpg


で,その結果をまとめた図がこれです。4月の平均気温(横軸)とキビタキのさえずりが活発になる時期(縦軸)との関係
を示していますが,点の分布が右下がりになっているのがわかると思います。つまり4月の気温が暖かい年ほどキビタキのさえずりが活発になる時期が早いということになります。

キビタキの渡来時期.jpg


ただ,山中湖だけは,そうした関係が見られませんし,場所によって,早くなる度合い(相関の傾き)に差があります。これは何を示しているのでしょうか?
傾きについては一番北に位置し,キビタキの繁殖時期が遅い足寄や雨龍がなだらかなので,季節がおそいほど気温の年変動が小さくなることを反映しているのでしょうか? いろいろ考えていきたいと思います。



posted by ばーりさ at 15:28| 活動報告