2018年06月19日

クロツグミ天国 繁殖分布調査群馬遠征二回目

先週雨で終えられずに引き返してきた群馬の調査。週末に再チャレンジしてきました。無事2か所調査完了しました。

前回と比べて標高の低い場所が調査地でしたが,そのせいかクロツグミが多くてクロツグミ天国でした。


さらに標高の高い場所では少なかったメジロやヤマガラもたくさん記録できました。

まず1か所目は新ルートです。旧ルートは八ッ場ダムで水没するエリアで工事中で立ち入り不可になってしまっています。ダムのやや下流の場所に設定しましたが,アカショウビンなど聞かれました。ダムができると下流側はどうなってしまうのでしょうか?

DSC01504.JPG
もともとは,渓流を見渡す展望台だったのだと思いますが,工事現場の展望台になってしまってます。

2か所目は嬬恋村。嬬恋だけに前半はキャベツ畑,後半は森林のコースです。前回はノジコやコルリが記録されていたのですが,今回は記録できませんでした。ノジコはよくわかりませんが,コルリはここでもシカの影響のようです。

DSC01517.JPG
林床は藪がなく,あまり適した森でなくなってます。ウグイスも畑地帯で記録され,森ではほとんど記録できませんでした。そんな林床ではクロツグミが採食しているのが見られたので,クロツグミの多さにも関係しているのかもしれないですね。
秩父では急傾斜なので,藪がなくなると落ち葉などが流出してしまっているのですが,ここは噴火の堆積の影響なのかなだらかな山なので,落ち葉もとどまって,ミミズなども多いのかも。

DSC01519.JPG 


今回のカツ丼は今年一番かも。
衣はあまり好みな感じではなかったですが,肉がいい。厚い,柔らか,ジューシー。三拍子そろってます。

kanaitei.jpg

続きを読む
posted by ばーりさ at 08:26| 活動報告