2018年06月16日

中央公園6月16日調査報告

今年もうっとうしい梅雨の季節。
今にも雨粒が落ちてきそうな中、傘を持っての調査です。
ただ、今の季節、鳥たちの種数は今一つです。

騒々しく鳴きながら採食しているのはムクドリの群れです。
大きくなった巣立ちビナを引き連れての採食。
静かに行動できないのかといつも思うのは私だけでしょうか。

沈床池からも甲高いピー、ピー、ピーの鳴き声。
親鳥を見失ったカルガモのヒナの声です。

最初に孵化したヒナたちはだいぶ大きくなっていました。
数えると6羽います。
1羽も欠けていません。

180616karugamo.jpg
(羽繕いをする大きくなったカルガモのヒナたち)

次に大きなヒナは6羽。
こちらは1羽減っていました。
さらに先週現れた12羽のヒナはわずかに2羽のみでした。

捕食されたのでしょうか。
それとも池のヒナ数が増えたことで、他の親鳥によって殺されたのでしょうか。
それでも大きなヒナに交じって元気に泳いでいました。

ケヤキのササゴイの巣にヒナたちはいません。
少し離れた枝で体を寄せ合っている姿に一安心。
今朝はだいぶ寒いので固まって暖をとっているようです。

ササゴイの下ではハシボソガラスの家族が採食中です。
巣立ったのは1羽だけのようです。
親鳥2羽の行動を見習って?地上をつついていました。
時折、親が捕った食べ物を強請ることも。

180616hashibosogarasu.jpg
(親鳥に餌を強請るハシボソガラスの巣立ちビナ)

面白いことにハシボソは子連れでも人間を全く警戒しません。
今朝も5、6m先で歩きまわっていました。

ハシブトなら騒々しく警戒し、攻撃されることもしばしばです。
たまたまこのつがいが人馴れしているだけでしょうか。
ハシボソガラスの微笑ましい親子。
ハシブトとの子育ての違いが気になりました。

参加者5名 記録種数16種 記録個体数112羽
次回は6月23日午前6時30分からです。担当:BR平野





posted by ばーりさ at 12:18| みにクル報告(宇都宮)