2018年05月26日

鳴き声クイズがスマートスピーカやスマホで!

「バードリサーチ また新しいものに飛びついている…」って言われそうですが,「鳴き声クイズ」がスマートスピーカ(OK Google ってやつ)で使えるようになりました。
スマホにも「Google アシスタント」というアプリを入れると使えます(iPhoneでもアンドロイドでも)

キャプチャ.PNG

バードリサーチでつくったわけではないのですが,うちの「鳴き声クイズ」「スピードバーディング」「さえずりナビ」のコンテンツを使って,プログラマーの「@takatama_jp」さんが,つくって公開してくれました。
視覚障碍者の方とのコラボ企画も進めていますが,ちょうど,その学習素材としても親和性が高そうです。

これまで,鳴き声クイズで答えた時に,写真やその鳥の解説が出るようにしてほしいという要望もあったのですが,さえずりナビとつなげることで,それが実現できています。

Screenshot_20180526-151604.png


使い方は,スマートスピーカへ,あるいはGoogleアシスタントを起動したスマホに
「鳥の鳴き声クイズにつないで」
と呼びかけると

Screenshot_20180526-151530.png

こんな感じにつながります。クイズが「鳴き声クイズ」,トレーニングが「スピードバーディング」です。

新しもの好きの人,試してみてください。


posted by ばーりさ at 15:25| 活動報告

がんばるコルリ あきらめ加減のソウシチョウ? 丹沢調査2回目(植田)

先日,シカの影響を報告した丹沢の調査地。2回目の調査に行ってきました。
コルリどうかな,と思って調査を開始しましたが,頑張ってました。


盛んにさえずっていて,繁殖する気満々です。

それに対して,ソウシチョウは,


今回も記録されましたが落ち着いてさえずっていなくて,少しさえずっては,次の場所へ移動という感じで,良い場所がなくて,場所を探索している感じでした。定着している感じではないので,今後,どこかへ移動してしまうかもしれません。

秩父の大山沢の場合はコルリやソウシチョウは早々消えてしまって,コマドリが最後まで頑張っていましたが,こういう違いは何がもたらすのでしょうか?
スズタケの密度など,その場所の環境でしょうか? それとも周囲のその種の分布状況なのでしょうか? 事例数が少ないので,なかなか難しいと思いますが,知りたいですね。

今回は調査地に入るまえの夜ご飯として都留市で食べてきました。
街の安い食堂というお店なので,ちょっと肉が固めですが,味はよかった。

syoukaku.jpg

posted by ばーりさ at 14:32| 活動報告

5月26日中央公園調査報告

今朝の公園は巣立ちビナを連れた家族群で大賑わい。
駐車場の縁のアメリカザイフリボク。
今年も赤い実をたわわに付けました。

騒々しい鳴き声はムクドリの家族群です。
翼をばたつかせながらのベッキングコール。
美味しそうに食べている姿に人間も味見をすることに。
参加者のKさんによると甘くて美味しいとのことでした。

180526_karugamo.jpg
   (採食中のカルガモの家族)

沈床池ではカルガモのヒナが孵化していました。
昨年より1週間ほど早いお披露目。
ヒナは6羽。やや少なめです。
池を覗き込んで携帯のカメラで記念撮影する散策者の皆さんも。
相変わらずの人気ものです。

青葉が茂ったケヤキではシジュウカラとコゲラの家族群。
コゲラの巣立ちビナ。
親鳥について移動するも上手くとまれません。
幹から落ちないかハラハラでした。

目の前の枝で親鳥から給餌されているのはハシボソの巣立ちビナ。
親鳥は人間が近くにいてもお構いなし。
ハシブトなら騒々しく警戒するのに全くの無関心です。
このつがいだけ?それともハシボソはドライなのでしょうか?

最後の盛り上がりはカッコウの登場の場面。
しばらく敷地脇の電線にとまり、けたたましくキョキョキョキョキョ。
オナガの様子を見にきた?
どうせなら、樹木にとまってくれたらもっと良かったのに…。

180526_kakko.jpg
   (電線にとまるカッコウ)

移動途中の夏鳥たちの季節も過ぎ、やや物足りない季節の始まりです。
それでも、それなりに楽しい調査ができました。
来週、新たなカルガモの家族は見られるのでしょうか。
今日のヒナは何羽になっているのでしょうか。

参加者4名 記録種18種 記録個体数94羽
次回は6月2日午前6時30分からです。担当:BR平野


posted by ばーりさ at 12:23| みにクル報告(宇都宮)