2018年05月17日

身延と甲州で全国繁殖分布調査(植田)

秩父から連チャンで回ってきました。

まずは足柄。某企業のイメージビデオで俳優デビューしてきました。
メイクさんに顎の髭が曲がっているからと,唇の下の髭だけ残して剃られてしまいました。顔が曲がっているだけだから気にするなと行っても,「明らかに曲がってます」と却下…。

続いて身延の繁殖分布調査の調査地。ありがたい感じの調査地でした。

minobu.jpg

20年前と比べるとツバメの減少が顕著でした(49→11)。ほかのお寺の門前町でも減少を聞くので同じようなことが起きているのでしょうか?
新たに記録されたのは,ガビチョウ,アオバト。これは全国の傾向と同じで,さらにクロツグミ,オオルリといった夏鳥が今回から記録されたのも,全国的な傾向と同じでした。また,ヒヨドリが24→50,ヤマガラが2→14と増えていたのも目立ちました。これも南の鳥が元気なのと繋がっているのかもしれません。

そして最後が甲州の調査地。秩父の裏側ということだけあって,シカの影響の大きい森でした。DSC01373.jpg


なんじゃこりゃ,って感じでしょ。
そのせいか1990年代の最優占種のウグイスは今回は記録できませんでした。コルリもいなくなり,センダイムシクイも減り…。これらの鳥に托卵するツツドリやホトトギスも記録できませんでした。
増えている鳥はガビチョウこそいませんでしたが,ほかは身延と一緒でした。

そしてカツ丼。山梨はやはりこのスタイルなんですね。美味しいのですが,でもカツ丼と名乗るなら,独特なソースとかが欲しいですね。

yanagi.jpg


posted by ばーりさ at 20:31| 活動報告

コルリみられた秩父演習林(植田)

新人の加藤くんと秩父演習林に行ってきました。加藤くんは平地の大潟村で調査していたから,山の鳥の聞き取りはまだまだでした。修業が必要ですね。

調査の方は,丹沢でも頑張っていたと先日紹介したコルリが,秩父でも見られました。
調査範囲内で記録されたのは久々です。それも2か所で。
といっても,コルリ,この時期だけちょっといて,すぐにいなくなってしまうこともあるんですよね。

次回の調査でそのあたり,確認したいと思います。

巣箱の方は今年のヤマガラの繁殖悪そうです。途中放棄っぽい巣が3巣。暖かい春の後に,急に寒くなった影響? 

今回は,入ろうとした店が,休み→満員とうまくいかず,道の駅の食堂で食べました。

ちょっと味醂の味が強すぎる感じもしましたが,まぁまぁでした。

chichibu.jpg
続きを読む
posted by ばーりさ at 20:10| 活動報告