2018年05月13日

コルリとコマドリが今年はいた! 秩父大山沢モニ1000調査(植田)

5月11日,12日と連日で秩父大山沢に行ってきました。
本当は5月下旬と分けて調査すべきなのですが,月曜日にはトンネル工事のために林道が封鎖されて,行けなくなってしまうので,無理して行ってきました。

DSC01340.jpg

あたりまえですが,まだあまり葉っぱが茂ってないですね。でも夏鳥はすべて記録できて,ま,問題なく調査できたと思います。

今回は昨年いなくなってしまったコマドリとコルリが調査範囲外ではありますが,記録できたのが特筆すべき点でした。一昨年にシカ柵が広範囲に設けられて,その効果が出てきているのでしょうか? 策で囲っていない部分では逆にシカを見るようになった気もしますが…。モニタリングを続けたいと思います。

調査地へいく林道を歩いていると何やら不思議なものを発見。

DSC01353.jpg

全部綿毛付きの種でした。どれだけあるんだろう。鳥にとって食べ放題の食物ですが,このまま食べてしまうと,綿毛で無駄な満腹になってしまうし,外して食べるのは大変そう。綿毛は飛ぶ機能だけでなく,捕食者対策の機能もあるんだろうか?

帰りは吉野家のカツ丼をはじめて食べました。
yoshinoya.jpg
ま,こんなものでしょう,という味でした。

posted by ばーりさ at 16:45| 活動報告

2018年05月11日

フィールドノートで観察コードを入力できるようになりました

フィールドノートの使い方 第4回】
フィールドノートの野鳥記録を入力する画面で、観察コードを入力できるようになりました。鳥類繁殖分布調査で使用しているのと同じコードなので、このコードを入力してある場合は、みなさまの記録を繁殖分布調査の全国分布図を作るためのデータとしても利用させていただきます。

続きを読む
posted by ばーりさ at 12:02| フィールドノート使い方

2018年05月06日

Water birds of ASEANを寄贈していただきました

Water birds of ASEANを執筆者の一人である谷口高司さんから寄贈していただきました。

バードリサーチはASEANの湿地モニタリングプロジェクトに協力して、今年と来年で現地を訪れて調査の指導をすることになっているので、すごくいいタイミングで図鑑が使えるようになって、ありがたいです。活用させていただきます。

なお、残念ながら非売品で、一般に販売はしていないということです。

IMG_1538.JPG


posted by ばーりさ at 17:20| 書籍紹介

2018年05月05日

中央公園5月5日調査報告

少し肌寒い朝。
一昨日からの荒れ模様のせい?
まだ渡り途中の鳥たちが記録されました。

木立が茂る日本庭園付近。
キビタキとセンダイムシクイ、さらに…。
どうも両種とも2羽の雄がいるようです。
池を挟んで囀りが確認されました。

180505_kansatsuchu.jpg
  (木立の中で夏鳥を探す皆さん)

今朝は少し時間をかけて観察。
キビタキはカエデやケヤキの樹冠を動き回って採食。
大きな青虫を捕らえ、枝に打ち付けていました。

留鳥たちも子育てに大忙しです。
カシの木に営巣したエナガ。
巣立ちビナを連れていました。
騒々しく鳴きながら同じ茂みを行ったり来たり。
気が散って、なかなか数を数えられません。
少なくとも親鳥を含め10羽はいるようです。

茂みのカエデの洞にシジュウカラの巣を見つけました。
何度も営巣木の近くを歩いているのに気が付きませんでした。
親鳥が近づくとヒナの声が聞こえてきます。
だいぶ大きくなっているようです。

shijyukara_180505.jpg
  (虫をくわえたシジュウカラの雄)

今日はシジュウカラが2か所で育雛中です。
さらに3か所で雄の囀りが確認できました。
少なくとも5つがいが公園を利用していることが分かりました。

先週から私たちを楽しませてくれたキビタキ。
来週は繁殖地へ向かっていることでしょう。
一方で、ムクドリたちが大挙して公園に採食に訪れるころです。
シジュウカラも巣立ちビナがみられるかもしれません。
今回とは違った騒々しい季節がやってきます。

参加者8名 記録種21種 記録個体数88羽
次回は5月12日午前6時30分からです。担当:BR平野




posted by ばーりさ at 12:18| みにクル報告(宇都宮)

2018年05月01日

夏鳥のさえずりは平年並みか,やや早目(ライブ音の聞き取り調査)

5月になりました。山も新緑の良い季節です。
ライブ音の調査地でも毎日のように夏鳥の初認を記録できています。

今年は留鳥たちのさえずり季節は早く推移していることお知らせしましたが,今回は早い時期に渡来する夏鳥たちの状況について見てみました。
以下に示したのが秩父の留鳥と夏鳥のさえずり頻度のグラフです。赤い太い線が今年のさえずり頻度を示しています。

名称未設定-2.jpg

ヒガラ,ゴジュウカラといった留鳥たちは早くさえずりが推移しているのに対して,アカハラ,キビタキといった漂鳥や夏鳥は平年並みかやや早目といった感じであることがわかります。ほかの調査地も同じような状況ですが(こちらをご覧ください)志賀高原や富良野など北の方では夏鳥のさえずりややや早い傾向にあるようにも見えます。

5月からはフィールドワークも忙しくなって,ライブ音聞き取りは不定期開催になってきますが,興味のある方は聞いてみてください(詳細はこちら)。


続きを読む
posted by ばーりさ at 14:50| 活動報告