2018年04月28日

中央公園4月28日調査報告

朝から清々しい青空。
もう4月最後の調査日です。
世はゴールデンウィーク。
しかし、変わらず街中の公園の調査です。

調査開始前の公園。
渡り途中のアカハラが囀り、センダイムシクイの長閑な囀りも。
コサメビタキが甲高い声でケヤキの樹冠で囀っていました。

30分後の調査開始時刻。
あれほど囀っていたアカハラもコサメビタキもシーン…。
ヒヨドリのだいみ声ばかり。

それでも茂みからキビタキの声が聞こえてきました。
声はすれども姿は見えず。
時折、樹冠を動く影。
薄暗い茂みでの観察はフラストレーションが溜まるばかり。

kibitaki_180428.jpg
(ケヤキの樹冠に出てきたキビタキの雄)

それでも芝生の孤立したケヤキに美しい姿を見せてくれました。
お蔭で、参加者全員で姿をみることができました。
どうも3羽いるようです。
雄は2羽?1羽は雌?

さらにオオルリも。
ただ、オオルリは一声のみでした。

結局、今年の4月の合計種数は4回の調査で31種。
昨年の4月と同じでした。
種数の少なかった16年を除くと過去5年間でもほぼ同じ種数です。

来月からは記録種数も減少します。
一方で、公園にムクドリが増えてくる頃です。
また、騒々しい季節の到来です。

参加者5名 記録種31種 記録個体数78羽
次回は5月5日午前6時30分からです。担当:BR平野






posted by ばーりさ at 11:58| みにクル報告(宇都宮)