2018年03月24日

中央公園3月24日調査報告

今日はやや肌寒いものの数日ぶりの青空。
公園の木々も芽吹き、コブシが白い花を付けていました。
池の縁のシダレザクラの枝がピンクに。
いくつか咲いていました。

180324kobushi.jpg
    (咲き出したコブシ)

あれほどいたシメがほとんどいません。
今日はわずかに1羽。
お気に入りの枝さきにとまりぐぜっていました。
イカルも今朝は姿をみせません。
もう公園を去ってしまったようです。

つぼみが膨らんだソメイヨシノの枝のカラスの巣。
ハシボソガラスが抱卵中でした。
騒々しく鳴きながら飛びまわるのはハシブトガラス。
飛来した侵入者を追い払っているようです。
今のところ今年は3巣?

枝先を忙しくわたるエナガのつがい。
1羽の尾の先が曲がっています。
巣が出来上がったのでしょう。
2羽で行動しているので産卵中?

低木の植え込みからジョウビタキの鳴き声。
ひと際美しい雄でした。
渡り前のひと時。
餌探しに余念がありません。

180324jobitaki.jpg
  (地上で餌を探すジョウビタキの雄)

茂みの中から複雑な小声の鳴き声が…。
シロハラです。
まだ張りのあるさえずりにはほど遠い鳴き声です。

冬の間、私たちを楽しませてくれた冬鳥たち。
北帰行ももうすぐです。
少し前までの冬鳥たちの喧騒が嘘のような朝でした。

参加者7名 記録種19種 記録個体数153羽
次回は3月31日、午前7時からです。
担当:BR平野







posted by ばーりさ at 10:42| みにクル報告(宇都宮)